事実は小説より奇なり!宮内が画いた強烈なオーラス 麻雀最強戦2020「著名人超頭脳決戦」観戦記【決勝卓】

事実は小説より奇なり!

宮内が画いた強烈なオーラス

【決勝卓】担当記者:危険な鬼太郎 2020年10月4日(日)

それぞれが個性を出し続けて勝ち抜いた予選。まずはそんな勝ち抜いた四人の選手を改めて軽く紹介したい。

A卓1位通過 須貝駿貴

言わずと知れたQuizKnockのナイスガイ担当。日常生活でも「ナイスガイの須貝」という挨拶をしているメンタル強者だ。

予選では事前のインタビューでも言っていた通り、好きなリーチを何度も打ってリーチドラ5の跳満を見事にアガリ切った。現最強位の鈴木大介を彷彿とさせる強烈なリーチだったので、優勝する可能性も十分ある。

A卓2位通過 広瀬章人

予選では守備に重きを置いた麻雀をして、危うい場面が一切なかった。穴熊王子の名の通り、守備から攻撃へのシフトチェンジは見事だった。

B卓1位通過 宮内悠介

この決勝に残った4人の内で鳴きが1番上手だなと思ったのが宮内だ。鳴きなれている。

予選は6000オールをツモって余裕の突破を決めた宮内。勢いそのままに優勝したいところだ。

B卓2位通過 香川愛生

予選では上手く場面にあった待ちでリーチをして勝ち上がった。棋風も攻めっ気たっぷりだが雀風もかなり攻めが強く感じた。

この個性的な4人の麻雀が面白くならないわけがなかった。

【決勝戦】

東1局 ドラ

親番の宮内がイッツーのイーシャンテンでの打牌選択。

皆さんはこの手牌、何を切るだろうか?

ついついを切ってしまう人もいるのではないだろうか。確かにカンやペンを引いた時にリーチをした際、捨て牌が若干強くはなるが宮内は、

ここで打。これが一番柔軟性のある手牌変化を見込める手筋なのだ。

例えば宮内が次巡にを引いて来たとしたらを切って、ピンズのリャンメンとカンとカンのリャンカンのイーシャンテンに取るはずだ。

この打の浮かせ打ちが一番手広い選択だ。しかしこれには多少のデメリットも付く。捨て牌が多少弱くなるのは別にいいのだが、

宮内はネックのカンをチー!上家から切られたドラ表示のは流石に無視できない。ここはチーをしてイッツードラ1のペンの2900の聴牌を取った。

このチーをすると切りが少し裏目になる。あの時にを対子落とししていれば捨て牌は多少まろやかになるが、宮内の捨て牌は露骨に字牌とマンズが無くホンイツに見えてしまう。

だからこそ宮内はを出やすくする策を打つ。

なんのことはないが、をツモったのでスライドをしてを切る。こういうのは地味に大事だ。マンズのホンイツではない事をアピールして他家にを切ってほしいのだ。

ここで香川が先制リーチを入れる。

カンの愚形先制リーチだ。こうなると2900聴牌の宮内は恐ろしい。自分の手牌が安 すぎて他家のリーチに突っ込むのが億劫になるのだ。

自分の手が高ければ危険牌を何個でも押せるが、安いと十中八九通りそうな牌でも押したくなくなるのが麻雀だ。

一発目にド無筋のを引いてきてここは2枚ある打。降り気味の打牌だ。

このでもし打ち込めば、「リーチ一発タンヤオピンフドラ裏」の跳満を相手に打ち込むかもしれない。この手牌では勝負に見合わない。

しかし宮内にマンズの波が押し寄せる。

切りやすいソウズを落としていくと、なんとカンの清一色イッツードラ1の跳満聴牌。香川の捨て牌は変則手が匂う物の、自分の手が跳満聴牌なのでブンと切る。

するとこの牌を

すぐに香川がを掴んで放銃!

清一色イッツードラ1の18000の出アガリ!これが予選で行われたトーナメントだと、宮内の雀力をもってすれば勝ち抜けはほぼ確実だが、この決勝戦だと全く違う。

1位しか価値がないこの決勝戦では、皆がこのトップ目の宮内に標準を合わせて麻雀を打ってくる。多井が5万点以上のリードを持っていたのに二階堂に逆転された最強戦はまだ記憶に新しい。

最強戦は大量リードした方の麻雀の方が難しくなる。とは言ってもそれは宮内も百も承知。

続く一本場では、

香川のリーチに対して高目ダブトイトイ三暗刻の跳満まで見込める手牌で、最後まで行き切った。宮内がここまで攻めてくると追いかける三者の方が苦しい。

東2局3本場

流局して迎えた東2局3本場では広瀬がヤミテンで宮内から1600の出アガリ。1600は2500という小さな打点ではあるものの、広瀬と宮内の点差はもう1万点。マンガンツモ一回で逆転される。

東3局は須貝が速攻を仕掛け、早々にドラのも早打ちしての

700-1300のアガリ。香川だけ少し離された展開だが、宮内、広瀬、須貝に至ってはもうあってないような点差だ。

東4局 ドラ

一人だけ1万点を割っている香川がを仕掛ける。

ここで1枚切れのを切れる胆力には頭が下がる。恐らく香川の思考としては、

「ここまで点差がついてしまうとマンガン程度じゃ少し不安。ここは最低でも小三元ホンイツの跳満を目指す! を切った後にを切ればマンズのホンイツの迷彩にもなりそうだ」

という思考だと思う。勝つ為にはマンガンでは駄目だと判断したのだと感じた。

香川がポン!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!