井上絵美子が一歩を踏み出した 高打点シンデレラストーリー!麻雀最強戦2020「全日本プロ選手権」観戦記【決勝卓】

見事な重なりではあるが、これを小平がミスだと語った。

「どうせ行く手牌だったのならば先にを切っておけば…。よりもマシな単騎でリーチだった…!」

と。

そして小平はを切って単騎でのリーチを選択!単騎ではアガリが見込めない。だからこそ場に安いマンズのでのリーチ!

小平はを切れずに後悔していたが、私はこう思う。

「聴牌する前は井上にもし放銃すれば5800以上が確定なは切る価値が無かったが、七対子を聴牌してさえ通ればアガリが見込めそうな単騎のリーチを打てるようになったからこそ、を斬る価値が出たのだと」

しかし麻雀は残酷だ。

だって3枚山だったのに、よりにもよっての方が先にいる。

そして…。

を掴み、

これが井上の5800の当たり牌!小平にとっては少し悔しい放銃になった。

ここで井上は勢いに乗り、

清一色の18000をアガリ、流石に勝負あり。井上はこの後も他の追随を一切許さず、

木原が

国士無双を聴牌するものの、点棒を持った井上は集中力を一切乱さずこの木原の国士聴牌にも気づき、

親リーチに対して現物が無くなりながらも、当たり牌のを止めきった。

そして一人一人の親番を自力で流して優勝を決めた。

優勝は井上絵美子

今日解説だった滝沢に麻雀を教えてもらっている井上。もしこの優勝の機会を活かして最強位を獲る事が出来れば、滝沢に勝るとも劣らない活躍をすることができるはずだ。

それだけこの最強位というタイトルの価値は大きい。このタイトルを誰が取るにしても、その後の人生に大きな影響を与える事は間違いないだろう。

そしてそれは優勝した井上なのかもしれない。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!