チームの稼ぎ頭高宮まりの、他を寄せ付けずに勝ち取った安定感抜群の勝利【Mリーグ2022-23観戦記12/23】担当記者:危険な鬼太郎

チームの稼ぎ頭高宮まりの、
他を寄せ付けずに勝ち取った
安定感抜群の勝利

文・危険な鬼太郎【金曜臨時担当ライター】2022年12月23日

園田以外は割とメンゼン派が集まった今局。鳴いて局がすっすと進むとは考えられず、始まる前から長時間の対局になりそうだと感じてしまう。

この寒さを吹っ飛ばすほどの熱い麻雀が見れるか。

第1試合

東家:高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
南家:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)
西家:園田賢(赤坂ドリブンズ)
北家:松ヶ瀬隆弥(EX風林火山)

東1局 親・高宮 ドラ【2マン】

親番高宮が安目ながら聴牌をしてリーチ宣言!

リーチピンフ赤の【3ソウ】【6ソウ】待ち。このまま一人旅になるかと思いきや、この高宮のリーチ宣言牌の【西】にポンの声を掛けたのが対面で西家の園田。

この手で園田がポンするとは正直意外だった。イーシャンテンで現状二千点、234の三色さえ出来ればドラを使えて8000まで狙えるとはいえ。

ポンしてしまうと親リーの安全牌が現状【3ピン】と筋の【3マン】ぐらいしかなく、【1ピン】も早くも場に3枚切れで【1ピン】【4ピン】ターツもさほど強くない。これが園田じゃなくて松ヶ瀬だったら鳴かなかったんじゃないのかなとさえ思う。

しかし園田はその弱い【1ピン】【4ピン】ターツを払うために、

ド無筋の【4ソウ】を引くととりあえず筋の【3マン】を打ち、次巡に【3ソウ】をツモると

ここは高宮の現物の打【3ピン】【3ソウ】【4ソウ】の強烈なド無筋は高宮には打ち切れないが、【3ピン】が3枚見えでワンチャンスの【2ピン】程度なら聴牌すれば余裕で切れる。

ここで仕掛けている園田よりも、高宮のリーチに受けながら手を進めていた魚谷が聴牌。

親リーチの筋のドラの【2マン】を切ればカン【6ソウ】の聴牌だが、たかが役無しカン【6ソウ】の聴牌でドラを切る訳にも行かない。なのでここは降り一択だと思ったのだがここで魚谷は、

ここはバシッと【2マン】強打でカン【6ソウ】の聴牌を取る。先ほど降り一択と書いたが魚谷の手には高宮の現物は【9ソウ】1枚しか無く、手の中に持っているどの牌もド無筋で切りにくい牌ばかり。

どうせ【9ソウ】を切ってもその後に手詰まりするぐらいなら、ここはまず聴牌を取ってアガリを見ようとした訳だ。理屈は分かるがここでドラを切れる魚谷は中々の強心臓だ。

当然園田は上家の魚谷が切ったドラの【2マン】をチーし、

ワンチャンスの【2ピン】を切り飛ばし、【西】赤赤の【2ソウ】【5ソウ】待ちの3900点の聴牌をする。

いい勝負の捲りあいになるかと思いきやここで園田が【3ソウ】を掴み、3900聴牌では当然止まらずにそのままツモ切り、

これが高宮へ放銃となる。裏は乗らずにリーチピンフ赤の5800点。園田と魚谷の強気の姿勢が見れた一局だった。

東1局1本場 親・高宮 ドラ【6ソウ】

園田と言えば仕掛けの名手というイメージがあるが、なんでもかんでもポンチーするわけでも無い。仕掛けをするにはそれ相応の準備が必要だ。

それが、

この五巡目の【4ピン】【3ピン】のターツを払ってのホンイツ狙い。開局に園田がオヤリーに対して仕掛け返せたのも打点が見えたからであり、園田は【中】を仕掛けて安全牌を減らしてもその分をホンイツと言う打点でカバーしに行く。

その後、園田は魚谷から出た【8マン】をチーして露骨にホンイツに向かい、その後は高宮から【中】が打たれてそれも鳴き、

理想的な【中】ホンイツ【3マン】【6マン】【9マン】の聴牌を果たすことに成功する。

しかしこの局は高宮がダブ【東】を暗刻にしてリーチを掛けたものの、その後に魚谷が高宮のリーチの現物の【8ソウ】を切ると…。

なんとこれが松ヶ瀬のロン牌。一盃口のみの1300点でこの局は流れる。

東2局では魚谷が連荘するものの、2本場で高宮がホンイツ仕掛けをして

この【發】ホンイツの1300-2600の2本場、供託リーチ棒2本を獲得することに成功して完全に一人だけ抜け出す。

その後も高宮の勢いは止まらずに、続く東4局でも

ドラドラの手牌で安全牌の【發】を手の中に温存し、ペンチャンを外して2シャンテン戻しをする余裕の手組をし、これが功を奏して聴牌を果たすと

安めの【9マン】ながらピンフドラドラ赤の8000点を魚谷からアガるなど、一切点棒を減らさずにこのまま終始盤石にリードを続け、この点棒のまま最後まで逃げ切る事に成功。

無事にチームにトップを持ち帰る事に成功した。

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊