朝倉康心の苦難の一日 スタイルチェンジは成功したのか?【Mリーグ2020観戦記11/20】担当記者:真中彰司

朝倉康心の苦難の一日 

スタイルチェンジは

成功したのか!? 

文・真中彰司【金曜担当ライター】2020年11月20日

11/20(金)第2回戦

東家:勝又健志EX風林火山

南家:佐々木寿人【KONAMI麻雀格闘俱楽部】

西家:朝倉康心【UーNEXTパイレーツ】

北家:沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ

この日の話題は試合どころではなかった。

まずは冒頭の入場シーンを見てほしい。

こ、この動きは…トキ!!

…ではなく、パイレーツ・朝倉康心である。その髪型はどうやってセットしてきたのか。

アミバ(トキの偽物)から本家のトキへと進化した男が、卓上の激流を見事に制する。

そんな展開を期待したいところである。

東1局

まずは起家の勝又が走る。

ドラが対子のチャンス手で、受け入れ最大に構えずに切り。

を残すことで、を引いたときに234の三色で最大打点を狙うことができる。

すぐに急所のを引き入れてリーチに踏み切り、をツモって6000オール。

実は今季の勝又、座席が東家の場合、100%連対している。

第1試合はラスを引いてしまったが、この起家で挽回を狙う。

東2局

しかしそう簡単に逃げ切りを許すメンツではない。

東2局では、第1試合の勝者である魔王・佐々木寿人から高速リーチが飛んでくる。

安目のツモだが、2600オールで連荘。

さらに1本場でもリーチ攻勢で朝倉から7700点を直撃し、あっという間に勝又に並んだ。

朝倉としては現物のを打つと手が崩れるため、を切るしかなかった。

厳しい立ち上がりの朝倉。

そして、この髪型を見せられている他の3人の腹筋も厳しいかもしれない。

よく笑わずに打っていられるな…

さらに2本場、朝倉は挽回しようと、をポンして形を整えていく。

の選択でを残し、ドラの引きで満貫を目指せる形に取った。

この残し、朝倉としてはやや違和感がある。場況を重視し、極力リスクを負わずに手を進めるのが朝倉のスタイルだ。

寿人の早い切りなどの材料から、自分の打点は赤2枚で妥協して、安全度の高いを残すことはできなかったのだろうか?

そこに勝又から、高め三色の待ちでリーチが入る。

ノータイムで無筋のを切り飛ばす親の寿人。

朝倉はチャンスとばかりにチー。勝又の現物であるを切り、テンパイを取るが…

これが寿人に捕まってしまい、再び5800点の放銃。

早い切りは、からドラを使うための両面固定だった。

この日の朝倉はとにかく苦しい。山に5枚、ツモれば跳満の待ちリーチも、ツモれずに流局してしまう。

東3局

そして待ちに待った親番の東3局4本場、今度は早いリーチが打てた!

しかもは山にたっぷり。これはさすがにアガれるだろう。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!