冷静な言動の中に時折見せる熱い打牌 勝又健志の放銃で垣間見えた勝負師たちのバラード【Mリーグ2020観戦記11/20】担当記者:masasio

冷静な言動の中に

時折見せる熱い打牌 

勝又健志の放銃で垣間見えた

勝負師たちのバラード

文・masasio【金曜担当ライター】2020年11月20日

皆さんはもうご覧いただけただろうか?

本日11月20日発売となったMリーグ2020公式ガイドブックだ。

筆者も早速購入して読んでみたが、まず全ページカラーで選手の写真が多く、ファンには嬉しい仕様だ。

選手紹介のページも、2018、2019シーズンの成績が反映されており、「公式」ならではの内容となっている。

また、過去の名場面などもふんだんに取り上げられており、「あんなこともあったな」と振り返るには最適な一冊といえるのではないだろうか。

税込み2750円と若干値が張るが、興味のある方は是非買ってみてはいかがでしょうか。

さて、11月20日金曜日

1回戦の組み合わせはこちら。

1回戦

東家 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

南家 勝又健志EX風林火山

西家 沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ

北家 小林剛U-NEXTパイレーツ

個人成績上位の寿人、小林、勝又に対するは現在マイナス59.4ポイントで個人19位の沢崎という組み合わせになった。

沢崎の所属するサクラナイツは現在マイナス191.7ポイントの6位とこちらも苦しい位置。

好調な3人をたたいて浮上のきっかけにしたいところだ。

東1局

小林がドラの待ちで先制リーチを掛けるが、親の寿人がダマテンで沢崎から7700の出アガリ。

放銃した沢崎も、ドラドラチートイツのイーシャンテンでが小林の現物とあっては致し方なしか。

11本場

をツモってイーシャンテンとなった寿人。

を切って内に寄せていく。

すると次巡裏目のツモ。

失敗したとばかりにツモ切ってしまいそうになるが、寿人は冷静に切り。

親ということを活かして受け入れを最大限に増やしていく。

もちろんノータイムだ。

そしてテンパイすると、フリテンながら当然のリーチ!!

他家をおろしている間に悠々とをツモ。

誰が打ってもこうなるかもしれないが、何となく「寿人らしいな」と思ってしまうのはなぜだろうか。

ノータイムの連続でフリテンリーチのツモアガリ。

今日の寿人も調子が良さそうだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ちなみに、公式ガイドブックによると、寿人の好きな音楽は「オアシス」だそうだ。

なるほど、どこか破天荒なところがイメージ通りかもしれない。

細身の風貌も面影が・・・というのは少し無理があるか。

3

大きく点棒が動いて迎えた東3局。

ここまで出番のなかった勝又が4巡目にリーチだ。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!