二階堂亜樹、絶妙な攻守で4勝目獲得!! 1戦目のラスを帳消しにし、即座に首位返り咲き!!

二階堂亜樹、

絶妙な攻守で4勝目獲得!!

1戦目のラスを帳消しにし、

即座に首位返り咲き!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕37日目、第2戦は二階堂亜樹EX風林火山)が、トップを獲得。試合は東2局・3局と連続マンガンツモを決めた二階堂のペースで進行。南場で鈴木に差されるものの、ラス親でマンガンをツモって余裕の逃げ切りトップ。二階堂が4勝目を獲得し、風林火山は首位に返り咲いた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうTEAM雷電萩原聖人KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾、そして二階堂の4名。

東1局、西家・鈴木が5巡目にイッツーのカン待ちでリーチをかけて、親の堀から討ち取り。ウラが1枚の8000点。鈴木のリードで試合が始まる。

東2局は。西家の二階堂がリーチ・ツモ・ドラ1・ウラ1の2000・4000のアガリを決める。

次局、カンのチーを仕掛けた二階堂が、タンヤオのツモアガリ。ドラが3枚の2000・4000で、早くも4万点台に。

南2局2本場、親の萩原が粘りをみせてのみのツモアガリで、親をつなぐ。700オールで鈴木に肉薄する。

同3本場、11巡目に鈴木がリーチ宣言。タンヤオ・赤1の待ち。鈴木は最後のツモ番でを引き当てる。ウラが1枚の2000・4000で萩原を振り切り、二階堂を200点かわしてトップ目に立つ。

しかしオーラス、親の二階堂がピンフ・ドラ1の手をリーチしてツモアガリ。ウラが1枚乗って4000オール。

このアガリが決め手となって、二階堂が1回戦目の勝又のラスを帳消しにする、貴重なトップを獲得。風林火山は即座にトップに返り咲いた。

二階堂はインタビューで、

「(前の試合で)300ポイント切っちゃって、2萬点台の2着なら復帰だねという話をしていたんですけど、ラスラスはまずいと思っていたんで、そう思ってたらダメだよって自分で言い聞かせて、ラスを恐れずにいけたらいいな、という心構えでいきました」

と語った。

【Result】
1着 二階堂亜樹・風林火山 4万8800点/+68.8
2着 鈴木たろう・ドリブンズ 3万1000点/+11.0
3着 萩原聖人・雷電 2万600点/▲19.4
4着 堀慎吾サクラナイツ ▲400点/▲60.4

【Total】
1位 EX風林火山 +354.2(38/90)
2位 渋谷ABEMAS +319.8(36/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 179.7(36/90)
4位 赤坂ドリブンズ +71.9(38/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲56.2(36/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲288.7(38/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲295.2(38/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲295.5(36/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvs雷電」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
12月7日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!