沢崎誠、萩原に2度も親被らせるマンガンツモ!! サクラナイツは6位に浮上!!

沢崎誠、

萩原に2度も親被らせる

マンガンツモ!!

サクラナイツは

6位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕37日目、第1戦は沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。試合は先行する萩原を、沢崎が追う展開。東場の萩原の親番でマンガンをツモって逆転した沢崎が、要所でアガリを決めて逃げ切りトップ。今季不調だった沢崎が、2勝目を獲得し、サクラナイツは6位に浮上した。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山勝又健志TEAM雷電萩原聖人、そして沢崎の4名。

雷電萩原が、開局から2000点、5200点とアガリを決めて、初勝利へ向けて着々と点棒を積み重ねる。

そこに立ちはだかったのが沢崎。東3局の萩原の親番で、ピンフ・ドラ2・赤1のマンガンをツモアガリ。萩原に親被らせて、トップ目に立つ。

東4局、その沢崎の親番。5巡目にをアンコにして待ちのリーチをかける。ほどなく南家・村上からがこぼれてウラ1の9600点。

同1本場は、萩原と村上のリーチ合戦となるも、結果は村上のツモアガリ。赤1の1000・2000で村上が復活を図る。

南1局、沢崎がピンフイーペーコー・赤1・高めタンヤオリャンペーコーという待ちの手をヤミテンに構え、2番手の萩原からを仕留めて3900点。沢崎がリードを広げる。

南2局2本場、3番手に落ちた萩原が7巡目に渾身のリーチ。タンヤオピンフ・ドラ1・赤1の待ち。これを追いかけリーチをかけた勝又から仕留め、ウラを1枚乗せて12000点。逆転トップに一縷の望みをかける。

しかし南3局、萩原最後の親番の7巡目に、沢崎から無情のリーチがかかる。流局間近の17巡目、沢崎がツモアガリ。ピンフ・ドラ1・赤1の2000・4000。

オーラスは、村上が3着キープのアガリを決めて試合終了。沢崎が10月9日以来のトップで、2勝目をあげてサクラナイツは6位にランクアップした。

沢崎はインタビューで、

「3年ぶりに(トップを)取った感じですね。20〜30回くらい打つと思っているので、あわててもしょうがないですから。年内はそんなに打つことはないと思いますが、2回か3回くらい? 年を越して春になったら桜の季節ですので、がんばっていっぱいトップを取りたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 4万9400点/+69.4
2着 萩原聖人・雷電 2万9900点/+9.9
3着 村上淳・ドリブンズ 1万5700点/▲24.3
4着 勝又健志・風林火山 5000点/▲55.0

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +319.8(36/90)
2位 EX風林火山 +295.4(37/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 179.7(36/90)
4位 赤坂ドリブンズ +60.9(37/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲56.2(36/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲228.3(37/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲275.8(37/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲295.5(36/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvs雷電」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
12月7日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!