岡田紗佳、チーム単独5勝目獲得!! ついにフェニックスをかわして首位浮上!!

岡田紗佳、
チーム単独5勝目獲得!!
ついにフェニックスを
かわして首位浮上!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の8日目第1戦は、岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)がトップを獲得。

開局の親で先行した岡田だったが、瀬戸熊と近藤の追撃に遭いオーラスを3着目で迎える。岡田は厳しい配牌を丁寧にホンイツの逆転手に仕上げてツモアガリ。サクラナイツにセミファイナル5勝目を持ち帰り、ついにフェニックスをかわして2.4P差で首位に浮上した。

1回戦の対局者は、セガサミーフェニックス近藤誠一KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして岡田。

東1局、起家の岡田は先制リーチからのツモアガリ。ピンフ・ウラ1の2600オールで先行する。

しかし東2局、佐々木のリーチに対してヤミテンしていた親の瀬戸熊が佐々木を返り討ちに。タンヤオチートイツの4800点。

そして近藤も黙ってはいない。南1局、赤1ののシャンポン待ちでテンパイすると即リーチ。この手に真っ向勝負したのが佐々木。ドラがアンコで赤も1枚とくれば、もちろん勝負… なのだがを掴んでまたも放銃に回ってしまう。ウラが1枚乗って、近藤が8000点のアガリ。

近藤は南3局にも、・ドラ2の2000オールをアガり、トップ目に立つ。

トップの近藤に7200点差の3着目でオーラスを迎えた岡田、その配牌は… 悪い。しかしを赤入りでポンして、ホンイツ・赤1の逆転手をテンパイ。のシャンポン待ちのをツモりアガって2000・4000。見事2着順アップの逆転トップを成し遂げた。

勝利者インタビューで岡田は「これは本当にメチャクチャ嬉しいですね。オーラスの配牌を開けた瞬間は”3着、もしくはラス…”くらいのボロボロだったので、トップまでいくとは思ってなかったですと語った。

【Result】
1着 岡田紗佳サクラナイツ 3万2800点/+52.8
2着 近藤誠一・フェニックス 3万1000点/+11.0
3着 瀬戸熊直樹・雷電 2万6400点/▲13.6
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 9800点/▲50.2

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +246.5(9/16)
2位 セガサミーフェニックス +244.1(9/16)
3位 渋谷ABEMAS +66.7(10/16)
4位 U-NEXT Pirates +64.8(10/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲106.7(11/16)
6位 TEAM雷電 ▲150.0(11/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月26日の対戦は
セガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:勝又健志
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ8日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!