瀬戸熊直樹、宿願の6000オール!! 崖っぷちの雷電に一縷の光明をもたらす!!

瀬戸熊直樹、
宿願の6000オールで、
崖っぷちの雷電に
一縷の光明をもたらす!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の8日目第2戦は、瀬戸熊直樹TEAM雷電)がトップを獲得。

東場は内川の独壇場だったが、南1局に親の瀬戸熊がハネマンをツモって一気に形勢逆転。瀬戸熊が畳み掛ける攻撃で、セミファイナル初勝利を獲得。雷電にギリギリのところで次に繋がるトップをもたらした。

2回戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大、そして瀬戸熊。

東1局は、内川が4巡目にリーチをかけてツモアガリ。・赤1の2000・4000。サクラナイツが連勝に向けて好スタートを切る。

内川は東3局にも、前原のリーチを潰すタンヤオ・赤1で2000点を加点し、迎えた東4局の親番では、ダブチャンタ・ドラ2をリーチの前原から直撃して12000。東場を完全に支配する。

そして南入。後がない親の瀬戸熊は、3巡目にドラ2の待ちテンパイを入れて即リーチ。9巡目にをツモってウラドラも雀頭! 6000オールで一気にトップまで突き抜ける。

瀬戸熊は南2局1本場にも、をポンして、ドラ1・赤2のマンガンをツモアガリ。トップに大きく近づく。

オーラス、ラス親で2番手の内川がノーテンで親落ちして試合終了。後がない雷電に、瀬戸熊が貴重な勝利を持ち帰った。対して本日連続ラスとなった麻雀格闘倶楽部は、いよいよ崖っぷちへ追いやられることになった。

勝利者インタビューで瀬戸熊は「チームとして後に繋げられたので、すごくホッとしました。萩原さんと黒沢さんは明るいムードを作ってくれましたが、僕だけが(試合の)内容が悪くて精神的にもきつかったんですけど、ようやくチームにいい報告ができますと安堵の表情で語った。

【Result】
1着 瀬戸熊直樹・雷電 5万3400点/+73.4
2着 内川幸太郎サクラナイツ 3万2400点/+12.4
3着 魚谷侑未・フェニックス 2万600点/▲19.4
4着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 ▲6400点/▲66.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +258.9(10/16)
2位 セガサミーフェニックス +224.7(10/16)
3位 渋谷ABEMAS +66.7(10/16)
4位 U-NEXT Pirates +64.8(10/16)
5位 TEAM雷電 ▲76.6(12/16)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲173.1(12/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月26日の対戦は
セガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:勝又健志
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ8日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!