高宮まり、個人3連勝!! 麻雀格闘倶楽部が連勝でついに首位浮上!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

高宮まり、個人3連勝!!

麻雀格闘倶楽部が連勝で

ついに首位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の50日目、第2戦は高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。開局からハネマン・マンガンとアガリを決めた高宮が逃げ切りトップ。白鳥にラスを押し付けて、麻雀格闘倶楽部がABEMASをかわして首位に立った。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ渋川難波渋谷ABEMAS白鳥翔U-NEXT Pirates小林剛、そして高宮の4名。

東1局、北家・高宮がリーチ・ツモ・【東】・ドラ1・赤1・ウラ1の3000・6000でスタートダッシュに成功する。

つづく東2局、南家・白鳥が5巡目にドラ1・赤1の【5ピン】【8ピン】待ちで先制リーチをかける。3巡後、高宮がイーペーコー・赤1のペン【7マン】待ちでテンパイし、追いかけリーチをかける。次巡、親の渋川もテンパイ。しかしリーチ宣言牌が【7マン】となり、高宮に一発放銃。高宮が連続アガリを決めて、8000点を上乗せする。

この局以降、高宮は振らずアガらずに徹して高みの見物。他三家の争いを見守り、なんとそのままトップで逃げ切り試合終了となった。

高宮は個人3連勝で5勝目、個人成績も本田についで2位につけ、そしてなにより麻雀格闘倶楽部はABEMASをかわして首位に躍り出た。

高宮はインタビューで、

「年末に練習に一緒に頑張ってくれてる仲間に悪いから、ツイてるとは言えないとは言ったんですけど、さすがに爆運を発揮してますね(笑)。今日(のヘアスタイル)は一応うさぎをオマージュしてきたんですけど、(ハネマンは和了は)うさぎのおかげでした」

と語った。

【Result】
1着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 4万4500点/+64.5
2着 渋川難波サクラナイツ 2万6800点/+6.8
3着 小林剛・Pirates 2万1600点/▲18.4
4着 白鳥翔・ABEMAS 7100点/▲52.9

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +309.8(50/94)
2位 渋谷ABEMAS +305.2(50/94)
3位 EX風林火山 +296.5(50/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +71.5(50/94)
5位 U-NEXT Pirates +63.9(50/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲196.2(50/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲401.2(50/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲449.5(50/94)

大和証券Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsアベマズvsPirates

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:石橋伸洋
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsアベマズvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊