朝倉康心の苦難の一日 スタイルチェンジは成功したのか?【Mリーグ2020観戦記11/20】担当記者:真中彰司

ツモれるはずだ、と力を込めてツモ山に手を伸ばす朝倉。

これはだった、色違いかぁ…

「ツモ…あっ、すみません」

…え?ツモ?

この瞬間、対局室、そして視聴者の時間が一瞬止まった。

なんと朝倉、大事な親番でまさかの誤ツモ申告。アガリ放棄となってしまった。

を見間違えるなど、普段ならほぼ有り得ないこと。

アガリを求めるあまり、冷静さを欠いてしまっていたか。

率直に言うと、リーチ後のツモ切りモーションが他の選手に比べて早すぎるのが原因の1つだろう。ツモ牌をもう少しゆっくり確認すれば、防げていたはずなのだ。

そして無情にも手元にやってくる、アガリ牌の

アガリ放棄となってしまった朝倉は、力なくツモ切ることしかできなかった。

南1局

試合は南1局で勝又がまたまた大物手のリーチ。

東家での強さを存分に発揮し、高めのをツモ。この半荘2度目の6000オールで勝負を決定づけた。

南1局2本場では沢崎が七対子・ドラ5の倍満を決めて猛追するが、順位は変動なし。

勝又と寿人が残りの局を軽く流して終了した。

大幅なスタイルチェンジを経て臨んだ試合で、まさかのアガリ放棄と箱ラス。

この日の朝倉に、いつものキレが戻ることは無かった。

この場面では、ラス目で打点が欲しい状況でからの対子を崩している。

タンヤオを確保できるように進めていくと思っていたため、どこか不安定な打牌に見えた。

もちろん、朝倉本人は真剣に麻雀を打っているはずだ。

だが、奇抜な髪型で盛り上げるくらいなら、まずは肝心の対局をしっかり打ち切るのが優先ではないだろうか?

この日のTwitterのトレンドにもなったが、複雑な気分だ。正直に言って、こんな形で目立つ朝倉は見たくない。

常人離れした判断力を駆使して、鋭いアガリと粘りの形テンで着々とアドバンテージを積み上げる…そんな独特のスタイルで並みいる強敵たちに喰らいついていく朝倉が見たいのだ。

髪型の奇抜さで盛り上げている姿は、どこかこれまでの朝倉とはかけ離れているように感じる。過激に言えば、「浮き足立っている」という状態だ。

※個人の感想です。気分を害した方、特にパイレーツファンの方々には申し訳ありません。

試合後には、上記のようなツイートを出している。ただ、自身の進退について仄めかすのはちょっと違うんじゃないだろうか。

人間である以上、ミスは起こり得るものだから仕方ないと割り切れる。試合で起きたミスは試合でしか取り返せないのだから、「残りの試合で最善を尽くし続けます」という一言でいいはずだ。

要するに、今以上に頑張って、今日のマイナスを取り返すくらいに活躍してほしい!

朝倉よ、哀しみを力に変えて生きよ!

(あれ、これじゃ書いてる側がトキだな…)

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!