丸山奏子、他家に影も踏ませぬ一人旅!! 鈴木たろうとのVリレーでドリブンズ完全復調!!

丸山奏子、他家に

影も踏ませぬ一人旅!!

鈴木たろうとのVリレーで、

ドリブンズ完全復調!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕61日目、第2戦は丸山奏子赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。開局からの連荘で東場で5万点オーバーに達した丸山が、一度もトップを譲ることなく逃げ切り。2着には0放銃の勝又、以下東城・佐々木の並びとなった。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人セガサミーフェニックス東城りお、そして丸山の4名。

東1局、起家の丸山がタンヤオで喰い仕掛けて、ドラ2の5800を佐々木から討ち取り。続く1本場、丸山がピンフ【6マン】【9マン】でリーチをかけると、佐々木と東城が追いかける。3軒リーチの結末は、またも佐々木から丸山への放銃。ピンフタンヤオの5800点。丸山が加点を重ねる。

東2局、丸山はドラの【6ピン】を雀頭にした【6マン】【9マン】待ちで先制リーチ。【6マン】だとタンヤオイーペーコーもつく勝負手。佐々木が喰い仕掛けタンヤオ・ドラ1・赤1のカン【7マン】待ちテンパイ。

ピンフ・赤2のテンパイを入れた南家・東城から【9マン】がこぼれて丸山のアガリ。ウラが2枚の8000点。

東4局には丸山は、親の勝又のリーチに16巡目に追いついて、赤1の手でリーチでおいかける。待ちは【1マン】【4マン】(ドラ【4マン】)。ハイテイ【1マン】をツモって2000・4000。東場で5万点オーバーのダントツ状態にいたり、以後誰も寄せ付けずに逃げ切りゴールイン。

2着には南場で2度のマンガンをアガった勝又が、3着にはオーラス着順キープのピンフ・1000点で締めた東城、ラスは佐々木となった。

丸山はインタビューで、

「1戦目(鈴木)たろうさんがトップで帰ってきてくれたので、ちょっと気楽な気持ちで挑むことができました。ラスを引くと振り出しに戻っちゃうので、個人的にもトップを取りたいと思っていたのでうれしいです」

と語った。

【Result】
1着 丸山奏子・ドリブンズ 4万2400点/+62.4
2着 勝又健志・風林火山 3万2100点/+12.1
3着 東城りお・フェニックス 1万5600点/▲24.4
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 9900点/▲50.1

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +271.6(60/90)
2位 渋谷ABEMAS +153.4(60/90)
3位 EX風林火山 +137.7(62/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +94.7(60/90)
5位 セガサミーフェニックス +90.8(62/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +18.7(62/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲36.3(62/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲750.6(60/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月20日の対戦は大和証券 Mリーグ 赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!