地を這うフェニックスを復活させた茅森早香の目の覚める見事な清一色!【Mリーグ2020観戦記12/15】担当記者:危険な鬼太郎

日向の選択は打。もう手牌はぶっくぶくに構える。これはが暗刻になった場合でも、切りリーチも持さない覚悟の打だ。

ただ…これが裏目に出る。親の勝又が先制リーチを打つと

茅森がこれに追いつきリーチ宣言。

待ちでの追っかけリーチ。これに日向が追いつき…。

絶好のを引き入れてを切って待ちに受けるものの、

これがリーチ一発赤ウラウラの8000の放銃!

これが麻雀の怖い所。を1巡残しただけで日向が放銃する側に回るとは。

茅森はここから復活して南3局では

ピンフイッツー一盃口、清一色を倍満をたろうからアガリ、ここで茅森はトップを手中に収める事に成功した。

フェニックスは近藤誠一しかり、魚谷侑未和久津晶と言った底力がある選手が非常に多い。この茅森のトップをきっかけに上位浮上を目指していきたい所だ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!