滝沢和典、ABEMASとの首位決戦を制す!! 個人7勝目獲得で、風林火山トップ独走!!

滝沢和典、

ABEMASとの首位決戦を制す!!

個人7勝目獲得で、

風林火山、トップ独走!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕48日目、第1戦は滝沢和典EX風林火山)が、トップを獲得。開局、ヤミテンのマンガンをアガった滝沢が、要所でマンガンクラスのアガリを決めて7勝目を獲得。風林火山は15勝目をあげて、首位の座を固める400ポイントオーバーとなった。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳セガサミーフェニックス近藤誠一渋谷ABEMAS多井隆晴、そして滝沢の4名。

東1局、西家の滝沢が6巡目にピンズのメンホンテンパイ。待ちのイーペーコーの手をヤミテンにかまえると、次巡に近藤からが切られて8000点。滝沢のリードで試合の幕が上がる。

東3局1本場、南家の近藤がとポン。とドラののシャンポン待ち、トイトイ・ドラ2・赤1の高めハネマンテンパイ。見事高めのドラをツモって3000・6000。近藤が失点を取り返して、トップに立つ。

南1局、9巡目に滝沢がアンコのドラ1・赤1、待ちリーチをかけて親の岡田からを討ち取る。8000点の加点で、ふたたび滝沢がトップに立つ。

勝負を決めたのは南2局。10巡目に近藤と滝沢のリーチ対決が発生。近藤はカン、滝沢は待ち。次巡、近藤がを掴んで即決着。リーチ・一発・タンヤオピンフ・赤1・ウラ1の12000点。

オーラスは、西家・多井と親の近藤のリーチ合戦。しかしまたも近藤がアタリ牌を掴んでしまい、多井がドラ1の2600点をアガって2着をキープ。近藤は4着に降着。滝沢が逃げ切りで個人2連勝となる7勝目を獲得した。

滝沢はインタビューで、

「あんまり目立ちたくなくて、目立たないように勝たないと佐々木(寿人)さんみたいな人に狙われるという恐怖があって、こっそり稼ぎたいところなんですけど、うれしいです(笑)2戦目も出ます(笑)」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典・風林火山 4万6900点/+66.9
2着 多井隆晴・ABEMAS 3万700点/+10.7
3着 岡田紗佳サクラナイツ 1万1600点/▲28.4
4着 近藤誠一・フェニックス ▲1万800点/▲49.2

【Total】
1位 EX風林火山 +443.7(47/90)
2位 渋谷ABEMAS +348.6(47/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 69.3(48/90)
4位 赤坂ドリブンズ ▲84.7(48/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲124.7(47/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲146.5(48/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲194.6(48/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲311.1(47/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsABEMASvsフェニックス」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
12月25日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!