価値のあるトップ争いとは…己の我慢で襷を繋ぐ瀬戸熊直樹、気合の押し引き【Mリーグ2020観戦記1/29】担当記者:渡邊浩史郎

高い音を立ててを打ちぬいた!!!

おとなしくいくならの対子落としが自然だが、ここはトップまで見た自身の手の最高形、四暗刻を狙って高らかに3筋勝負を仕掛けていった。

前原から出たをポンしてまるで安牌かのようにを打ち出していく。

そして見事にを引き入れる!トイトイ三暗刻・赤の2000・4000で前原の勝負手親リーチを潰し、再び20000点代まで回復。価値あるアガリとなった。

【東2局】

会心のアガリで迎えた瀬戸熊の親番。

配牌からドラを二枚抱えた勝負手をもらう。ここは素直にを切る。

丁寧に進めてこのイーシャンテン。

ここはドラを切っていく!

このドラ切りだが、瀬戸熊ファンの人ならある程度予想できたのではないだろうか?親番での瀬戸熊はこういったイーシャンテンでの受け入れ枚数をMAXに取ることが多い。特にそれが会心のアガリを決めた局の後ならなおさらだ。

次巡、を引いて二枚切れとなった。あくまで手牌に素直に切り進めていく。

を引いて聴牌!ここはヤミテンに構えて、ソウズのホンイツに向かったたろうからこぼれるのを期待する。

ドラ切り時点でを切っていると、を引いて打となっている可能性が高く、この時点で聴牌すら取れていなかった。親番での瀬戸熊の信条が生んだ聴牌といってもいいだろう。

目論見通り、ソウズのホンイツの聴牌が入っていたたろうから召し取り。12000の加点でトップへの挑戦権を獲得するアガリとなった。

【東3局】

たろうのアガリで親が流れて迎えた局面。瀬戸熊の配牌がこちら。良くはないが、瀬戸熊なら高打点に持って行ってくれそうな、そんな夢があふれる手牌だ。

も重ねて一気に夢が広がる。トイトイホンイツが本線だろうか。

を重ねて、これで七対子かトイトイの両天秤。は場に二枚切れだが後に切りやすい牌であるため、こちらを残して打

を引いて、本日何度目かわからない刻子手。四暗刻のイーシャンテンとなってドラを切っていく。

二枚目のをポンして聴牌。再びのトイトイツモり三暗刻

しかしここに食らいつくのが親番たろう。がポンされてるとはいえ三面張の勝負手リーチが飛んでくる。

瀬戸熊もリーチの一発目からを押して臨戦態勢。

しかし次巡、掴んだのは当たり牌の

ここで回った!

は自分が暗刻で持っていてが4枚見えている筋のため完全安牌。出ていくがあまりに危険すぎること、の待ちに感触がないこと、そしてチーム状況的にもこの半荘の収支的にも、ここでラス目の親であるたろうに放銃するのがあまりに損なことが降りを選択できた要因だろうか。見事なセーブを見せてくれた。

そしてそれに呼応するかのように続々とに牌がくっつき、再び聴牌!

そのまま流局まで持ち込んで、二人聴牌。

流し目でたろうの手牌を確認する瀬戸熊。放銃回避を吉とみるか、そもそも当たり牌を掴んだことを凶と見るかは瀬戸熊のみぞ知るところだろう。

【東4局】

前原の1600のアガリで迎えた東4局。

瀬戸熊の手牌が実にいい。

三巡目でこの聴牌。だが待ちには不満が残る形となってしまった。ここは……

を切って、聴牌をとってダマ。これだけ早い巡目ならを切っての外しもあるかと思ったが、ここも手牌に素直に打ち進めていく。

両面に変わったところでリーチ!

そして高めをあっさりツモ!マンガンのアガリで、いよいよゴジラの喉元に食らいつく!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!