黒沢咲、オーラス大逆転勝利!! 見事ウラドラをツモって、雷電セミファイナル初勝利!!

黒沢咲、

オーラス大逆転勝利!!

見事ウラドラをツモって

雷電セミ初勝利!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル3日目、第1戦は黒沢咲TEAM雷電)が、トップを獲得。我慢の展開を強いられた黒沢だったが、オーラスでツモプラスウラドラ条件を満たすアガリを成就させて3着からトップへ。TEAM雷電にセミファイナル1勝目をもたらした。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠EX風林火山勝又健志、そして黒沢の4名。

闘いは東1局から熱い火花が飛び交う。

西家の黒沢がリーチをかけると、親の勝又と北家の園田から追いかけリーチが入る。

この三つ巴を制したのは黒沢。【3マン】【6マン】待ちの【3マン】を園田から討ち取って、リーチ・ドラ1・赤1の6400点。

放銃に回った園田だったが、その後奮起。3局連続のアガリを決めて東ラスの親番をトップで終える。

南2局、現状ラス目の沢崎が14巡目にツモリ四暗刻のリーチをかける。アガリ牌は牌山に2枚残っていたのだが、園田がリーチの現物を抜くと勝又が「ロン」。タンヤオ・赤1の2000点で沢崎の親番を断ち切る。

流局をはさんで迎えたオーラス。

園田をマンガンツモの射程圏に収めていた黒沢が、自風の【北】をアンコにして【3ソウ】【6ソウ】待ちで4巡目にリーチ。ツモ+一発かウラ1で逆転という手で、3巡後に【3ソウ】をツモアガリ。そしてウラドラが【3ソウ】

黒沢が3着からトップまで突き抜けるアガリで、雷電にセミファイナル1勝目をもたらした。

黒沢はインタビューで、

「去年はセミファイナル1勝目が遅くて、エンジンがかからないまま最後届かずという感じだったので、まずは早めに1勝出来てよかったと思います」

と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 3万1800点/+51.8
2着 園田賢・ドリブンズ 2万8500点/+8.5
3着 勝又健志・風林火山 2万2400点/▲17.6
4着 沢崎誠サクラナイツ 1万7300点/▲42.7

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +285.4(4/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +235.2(3/16)
3位 赤坂ドリブンズ +17.5(3/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲49.8(4/16)
5位 EX風林火山 ▲52.2(3/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲105.4(3/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ3日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月15日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!