黒沢咲、連闘連勝!! さらにシーズン通算4連勝!! TEAM雷電は、4位に浮上!!

黒沢咲、連闘連勝!!

さらにシーズン通算4連勝!!

TEAM雷電は、4位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル3日目、第2戦は黒沢咲TEAM雷電)が、トップを獲得。第1試合を制した黒沢が、好調ぶりを維持して連勝。雷電は最下位から一気に6位にランクアップとなった。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうKADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎EX風林火山勝又健志、そして黒沢の4名。

第1試合を制した黒沢が連闘。

流局で迎えた東2局1本場、ピンフタンヤオ・ドラ1の先制リーチをかけた黒沢は、親の内川から討ち取り。8000点のリードを得て、好調ぶりは継続中か。

東3局、【發】【9ソウ】【2ソウ】とポンした内川の手牌が【中】【中】【中】【白】

親の勝又がドラ1・赤1のテンパイでリーチをかけるが、【白】を掴んでしまい返り討ちに。

ホンイツトイトイ小三元の16000点。強烈なカウンターをくらう。

勝又は東4局1本場にも、黒沢のリーチ・チートイツ・ウラ2の8000点に放銃。断ラスの憂き目に。

その後も勝又の不運はつづく。南場の親番では【1ソウ】【4ソウ】【7ソウ】待ちのリーチをかけるが、アガリ牌は悉く脇に流れ、鈴木のホンイツ・ダブ【南】の2000・4000の親被りで親落ち。

勝又はついにハコを割ってしまう。

オーラスは他家三者の巴戦となったが、内川のホンイツ【中】【南】の仕掛けにひるまずピンズを勝負した黒沢が、タンヤオ・赤1の500・1000をツモアガって逃げ切りに成功した。

黒沢が自力決着で同日2連勝を獲得し、雷電は4位に浮上した。なお、レギュラーシーズンから通算すると、黒沢はこれで4連勝となる。

黒沢はインタビューで、

「すごいうれしいです(笑)。(4位浮上について)最下位からのスタートではありましたけど、最後の日をきちんと争えるような位置につけて、闘いたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 3万8500点/+58.5
2着 鈴木たろう・ドリブンズ 3万5300点/+15.3
3着 内川幸太郎サクラナイツ 2万6800点/▲13.2
4着 勝又健志・風林火山 ▲600点/▲60.6

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +285.4(4/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +222.0(4/16)
3位 赤坂ドリブンズ +32.8(4/16)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲46.9(4/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲49.8(4/16)
6位 EX風林火山 ▲112.8(4/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ3日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月15日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!