EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション 準決勝進出選手紹介【5〜8位】

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション 

準決勝進出選手紹介

【5〜8位】

EX風林火山 ドラフト会議指名選手オーディション 準決勝進出選手紹介。5位・6位の選手、ならびにワイルドカードで準決勝侵出となった2名の選手について取り上げていく。

多少のポイント差はあるとはいえ、彼らが決勝進出、そして優勝することも当然ありえる。そう、劣勢を跳ね返してMリーグ優勝をはたしたEX風林火山のように、だ。

松ヶ瀬隆弥(RMU)

Twitter:https://twitter.com/akayakokushim

■2次予選成績

427.7ポイント(5位) 成績(1位・2位・3位・4位):7-4-4-1

■生年月日・年齢

1980年4月11日 41歳

■プロ歴

12年目

■獲得タイトル

最高位戦Classic

令昭位

■普段の活動・仕事

麻雀店のゲスト活動などをメインにしています。

■自身の雀風

なんでもやる守備型です。

■趣味・特技など

料理が好きです。得意料理と言えるものは特にないですけど、他の人が作った料理を再現するのは得意ですね。

EX風林火山に加入したらどのようにチームに貢献していきたいか?

EX風林火山に入ったら、麻雀の成績ではもちろん、エンタメ要素もアピールして貢献していきたいですね!

■意気込み

ここ1番の勝負は大得意!最後に笑うのは俺だ!

RMUを代表する麻雀プロの一人として、これまでに数々の配信対局で活躍してきた実績を持つ。2次予選最終戦では、このままだと敗退という南3局で起死回生の四暗刻をツモ、逆転突破を果たした。麻雀に勢いがあるとしたら、今最も勢いに乗っているのがこの男かもしれない。また、強面な見た目ながら料理を趣味としており、その腕前はプロにも引けを取らないとのことだ。繊細な守備力と勝負どころを見極めた一撃で、Mリーガーの座を狙う。

 

平良将太(日本プロ麻雀協会)

Twitter:https://twitter.com/c_rru1

■2次予選成績

400.8ポイント(6位) 成績(1位・2位・3位・4位):7-4-4-1

■生年月日・年齢

1994年7月11日 27歳

■プロ歴

3年目

■獲得タイトル

なし

■普段の活動・仕事

麻雀店で働いています。あとは、ネット麻雀の「天鳳」を打ち込んだり、Mリーガーの松本吉弘選手・堀慎吾選手の勉強会などに参加したりしています。

■自身の雀風

特徴がないのが特徴だと思っています。基本的にはいわゆる「マジョリティー」を突き詰めていく、多くの人がその選択をするであろう選択、正解とされる選択をし続けるのが自分の麻雀かなと思います。

■趣味・特技など

趣味と呼べるものはないですけど、食べることが好きで、ラーメン屋とか焼肉屋には一人でいろいろなところに行っています。焼肉でいい感じに肉を焼くのは得意です(笑)。あと、験担ぎとかは気にしていて、勝負の前にカツとかを食べるとテンションが上がります。

EX風林火山に加入したらどのようにチームに貢献していきたいか?

今回のオーディションで求められているのは、育成枠ではなく即戦力です。優勝してチームの一員となったからには、最初から結果を残さないといけません。僕はまだ麻雀プロとしては若いですが、胸を張って「麻雀が強い」と言える自信があります。「Mリーグの大谷翔平」として連覇に貢献し、自分の麻雀を通じて新しいファンの獲得にも貢献していきたいです。

■意気込み

ポイントの持ち越しが半分ある以上、スタートから不利な位置にいると思いますが、その逆境を跳ね返せるだけの実力はあると思っています。勝って決勝に進みたいと思います。

プロ入り3年目の若者が、Mリーグ入りのビッグチャンスに近づいた。キャリアこそ浅いが、その実力はMリーガーからも高く評価されているという。2次予選では配信対局こそなかったものの、平賀聡彦・山田独歩ら強者と戦ってポイントを伸ばし、準決勝進出を決めた。物怖じせずに戦う姿勢で一足飛びにMリーガーの座をつかみ取れるか、注目だ。

 

【ワイルドカード】

長村大(日本プロ麻雀連盟)

Twitter:https://twitter.com/sand_pudding

■2次予選成績

308.7ポイント(16位)成績(1位・2位・3位・4位):7-4-3-2

■生年月日・年齢

1976年7月9日 45歳

■プロ歴

3ヵ月(1996年から8年ほどプロキャリアあり)

■獲得タイトル

第11期最強位

■普段の活動・仕事

麻雀店でのゲスト、近代麻雀誌上で「しみったれ」連載など。

■自身の雀風

今さらですが、デジタルです。

■趣味・特技など

音楽・洋服・料理などです。スリランカ料理が得意ですが、さすがに松ヶ瀬(隆弥)にはかないません(笑)。音楽ですと、好きなミュージシャンはフリッパーズ・ギター、最近だとMega Shinnosukeなど。80~90年代のUKやネオアコ、渋谷系とかを聴いてきました。

EX風林火山に加入したらどのようにチームに貢献していきたいか?

成績でチームに貢献したいのは当たり前として、将来麻雀プロが年俸1億とかになり、子供の憧れの職業になるような世界を作りたいと思っています。そのためにEX風林火山での活動を通じて麻雀プロの、麻雀そのもののバリューを上げていきたい。もちろんただの絵空事かもしれませんし、実現したとしても、あるいは自分たちが死んだ後かもしれません。そのための礎、もっと言えば捨て石でもかまわない、実現に少しでも力になれたらと思っています。

■意気込み

ワイルドカードでの出場になりましたが、堂々と戦いたいと思います。推薦してくれた勝又健志選手、二階堂亜樹選手の顔に泥を塗らないよう、そしてなにより応援いただいているファンの皆様の期待にそえるように全力で戦います!そして勝つ!

かつて20代半ばにして最強位を獲得、麻雀界を席巻した「真・デジタル」。その後長らく表舞台から姿を消していたが、2019年にキンマweb上で「中央線アンダードッグ」の連載を開始、同年の麻雀最強戦に出場するなどして活動を再開すると、2021年4月に日本プロ麻雀連盟に復帰、麻雀プロとして再スタートを切った。ワイルドカード選出に際しては、選手票が満票だったという。実力者から高く評価される打ち筋で、サクセスストーリーを描けるか。

 

本田朋広(日本プロ麻雀連盟)

Twitter:https://twitter.com/104307

■2次予選成績

246.9ポイント(21位)成績(1位・2位・3位・4位):5-5-3-3

■生年月日・年齢

1983年10月3日 37歳

■プロ歴

10年目

■獲得タイトル

麻雀グランプリMAX10期・11期

■普段の活動・仕事

地元の富山で自身の麻雀店を経営しながらプロ活動をしています。北陸支部に所属しており、普段は北陸が活動拠点ですが、今は毎月東京にも通って幅広く活動しています。

■自身の雀風

自分はまだまだ半人前なので、雀風と言えるものは固まっておらず、目標・尊敬する選手に近づけるよう参考にしながら打つことが多いです。中でも滝沢和典プロを目標にしてきました。

■趣味・特技など

最近太ってきたので、ダイエット目的ではじめた筋トレが今の趣味です。筋トレやダイエット関係のYouTubeをよく見ています。特技は小学生からやっているバスケットボールですけど、今はもう全盛期ほど動けないと思います(笑)。

EX風林火山に加入したらどのようにチームに貢献していきたいか?

まずは自分なりに、滝沢さんの抜けた穴を埋めたいと思っています。積極的に会場に足を運び、自分の出番のない日でも控え室を盛り上げたいと思っています。そしてとにかく、チームの勝ちに貢献していきたいです。

■意気込み

ワイルドカードで選ばれたことに、とても感謝しています。雀力は他の方よりも劣ることは理解していますが、自分が選ばれた理由もきっとあると思っています。選んでいただいた方の期待に応えて、EX風林火山のファンの皆様に迎え入れていただけるような麻雀を打ちたいと思います。

日本プロ麻雀連盟の「麻雀グランプリMAX」を連覇、昨年の麻雀最強戦でファイナル決勝まで勝ち進むなど、近年めざましい活躍を見せている打ち手。今回のオーディションでは2次予選を突破した坂本大志をはじめ、仲林圭・古橋崇志・むく大樹・金太賢といった、団体推薦を受けた数多くの強者と戦ってきた。ワイルドカード選出に際しては、EX風林火山ファンからの熱烈な支持を集めたとのこと。期待を背に、一気の逆転優勝を狙う。

 

EX風林火山メンバーオーディション 準決勝 1日目

7月12日(月) 16:00 〜

https://abema.tv/payperview/E57esGPLuU65D1

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!