【クイズ解けたら君もМリーガー47】難しい判断を的確にくだせ!【渋川難波】

麻雀は、時に何が正しいのか全くわからない! という状況が生まれます。
その時に毎回的確な判断をくだせる人が、強者と呼ばれることでしょう。
これはもう、数をこなして座学をしっかりすることしか上達方法はありません。
それでは、今回の例題に参りましょう。

問題

渋川クイズ問題麻雀最強戦2021男子プロ超技能バトル決勝卓、トップしか意味の無いこの状況で、チートイツのテンパイが入りました。
「龍を継ぐもの」のキャッチフレーズで知られている仲林圭選手、果たしてどの選択を選んだでしょうか?
ただし、同点の場合は起家に近い選手の勝ちとなるため、マンガンをツモっても仲林選手は敗退となるものとします。



解答

【南】切りリーチ

解説

この手は非常に多くの選択があります。
リーチをするにしても、リーチツモタンヤオチートイツではマンガンしかないので、結局裏ドラに頼ると考えると【南】単騎でリーチもあるでしょう。
そもそも裏ドラ条件に頼らず、ドラ引きを待ってヤミテンというのもあります。
しかし、仲林選手はノータイムで【7マン】単騎でリーチと行ったのです。
その理由を、考察してみましょう。

①巡目はもう遅い。まずドラを引いて、さらに和了る可能性はかなり低い
【南】【7マン】もどちらも河に0枚、優劣の比較は難しい
【南】単騎リーチだと、直撃裏裏かツモって裏裏条件
【7マン】単騎リーチだと、一発ツモもしくは直撃すれば無条件。他の二人から出るかツモっても、裏裏で条件を満たすので、【7マン】単騎の方がトップになる可能性は高い
⑤ここでリーチと言うと、トップ目をおろすことができそう。仮にオリてくれないなら【7マン】の直撃できる可能性がある。つまり、どっちに転んでも悪くない

ということで、まずここで和了ることもできないしプレッシャーをかけることもできないヤミテンは緩い!!  と判断しました。

そして、リーチを打つならトップ率の高くなる【7マン】単騎を選択した、ということです。
説明されればわかりますが、ノータイムで判断するのは普段の鍛錬のたまものでしょう。
そして、このリーチでどうなったかと言いますと…

渋川解答1

トップ目でテンパイの入っていた三浦智博選手が、あまりにも切り辛い【5ピン】を引きオリに回りました。
直撃されるとほぼ逆転だし、【2ピン】【5ピン】【5ピン】【8ピン】はたまたカン【5ピン】まであるこの【5ピン】は打てなくて当然でしょう。
目論見通りおろすことに成功した仲林選手が引いてきたのは…

渋川解答2
ヤミテンなら放銃となっていた【發】でした。
この大ピンチを凌ぎ切った仲林選手は、この局こそ和了れなかったものの、流局親連荘で迎えた次局に見事マンガンを和了り、逆転トップをものにしました。

まさに、【7マン】単騎即リーチは的確な判断だった!と言えるでしょう。
このように、難しい判断もしっかりこなせるように、皆様も日々の鍛錬を頑張ってください!

それでは、また!

渋川通信

久々に広島の実家に帰ると田舎だった我が家の周辺に、コンビニやらスーパーやら色々できていて時代の流れを感じました。僕も時代についていけるよう頑張ろう! と勇気をもらえました。がんばるぞー!

「渋川式麻雀通信」

この記事に使われた対局はこちら → 麻雀最強戦2021男子プロ超技能バトル

仲林圭選手の風林火山オーディションインタビューはこちら → Mリーガーで僕より強い人なんてほとんどいない【仲林圭インタビュー】

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!