Mリーグは社会に何をもたらしたのか?新宿の片隅でジークMリーグ!と(心の中で)叫ぶ【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Fri】

Mリーグは社会に何をもたらしたのか?

新宿の片隅でジークMリーグ!

と(心の中で)叫ぶ

文:グレート巨砲【金曜担当ライター】2018年10月12日

 

 

キンマwebのサーバーがガスの元栓をひねるよりも簡単にダウンし、Mリーガーはイーソーを描く日々が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。昨夜の巨砲選手は新宿にある女流プロと飲める麻雀バー「gerden(オーナーは水口美香プロと塚田美希プロ)」に行ってまいりました。

花金満喫? ノーノー! Mリーグが与えた社会的な影響を考えるためのフィールドワークだよ。

ほら、Jリーグが開幕したときは食べるとラモスになれることでおなじみのJリーグカレーやJビーフが販売されたり、サッカーを舞台にしたドラマが何本か制作され、中でも「俺たちのオーレ」ではドラマの内容は枯れ葉ひとつの重さも覚えてないけど大鶴義丹とマルシアという伝説のカップルを誕生させたじゃないですか。
でも、現状のMリーグからはそこまでわかりやすいエピソードは聞こえてこない。今のところもう少し草の根なんでしょう。そこでもっとも影響を受けていそうな場所を訪ねてみた次第。ああ、ライターとはとかく結果を求める生き物だぞ。果たしてMリーグ(という現象)は麻雀バーにどんな波及効果を与えたのだろうか?

19時。トビラを開けると、本日のMリーグの出場チームが映し出されたモニターが目に飛び込んでくる。が、先客は一人。しかも、静かにグラスを傾けてやがる。う~ん、こちらとしてはプチ・パブリックビューイング的な盛り上がりを期待していたのだが……カウンターを担当する谷崎舞華プロは語る。

「バーなんで混むのはもう少し深い時間になってからですね。この時間は対局がある日は基本的にMリーグを流してますけど、常連さんも多いですし、それを目当てにお客さんがくることは……」

ないの? こっちは取材なんだから何とかならない。

「ないですね」

もう、キッパリ。唇にウソのルージュを引いても、お店にはウソをつかない。開店してもうすぐ一年、そうじゃないと新宿ではやっていけない。

その後、ポツポツと五月雨式にお客さんが現れ、いつのまにかカウンターはほぼ満席に。各人お酒を飲みながら対局を眺め、思い思いの感想を口にする。基本的には独り言のためお客さん同士の会話につながることはなかなかないが、宙に浮いた言葉を全盛時の聖徳太子のような勢いで救い上げる谷崎プロのおかげで、カウンターにはふんわりとした一体感がある。匠の会話術。
そして東3局1本場。滝沢プロに四暗刻のテンパイが入った瞬間、

カウンターの全員が「おおっ!」と声を揃える。その場の意思が完全に統一された気持ちよさ。

 

ジーク、ジオン! ならぬジーク、Mリーグ!

 

これがみんなで同じ対局を見る醍醐味なのかもしれません。
もっともそこから先は

「これをあがったら少牌から滝沢役満和典(滝沢プロのツイッターの登録名)に改名だ」

「でも、前原さんが上がっちゃうんじゃない」

とおそらく心の中では滝沢プロの役満を見たいと思いながらも、それぞれ好き勝手な意見を口にする。
どんな酒席の雰囲気を好むかは人それぞれだけど、バーなんだから個人的にはこのくらいの距離感が丁度いい。
そして流局。再び谷崎太子の出番である。お仕事頑張って!

滝沢プロの初トップで一戦目は終了。

3つ離れた席に座っていたお客さんが「見てたら麻雀打ちたくなってきたからちょっといってくるよ」と席を立った。なるほど、Mリーグには視聴者を雀荘に足を運ばせる効果もあるのか。これはトップシークレットだが、確かにパチンコ必勝ガイドの編集部で、まだみんなが仕事をしているのにダメ担当と一緒にMリーグを見てると「今度、麻雀やりましょうよ」って話に必ずなるもんな。ちなみに雀荘へと向かったお客さんによれば「最近はMリーグの中継を流している雀荘も多い」のだとか。またしても草の根波及効果を発見。

最後にお客さんの会話の中からこれは取り入れるべきと思ったアイデアをひとつ紹介したい。それは

公式サイトでは最終結果だけでなく、一局ごとの点棒の動きが見られるようにしてほしい」

というもの。野球でいう一球速報ね。確かに今日の2試合目なんて点数だけ見たら、

少女……じゃなかった61歳に何か起こったか?

って思うし、実際に確認したらアナーキーな点棒の動きにマジでびっくりすると思うから。

今回も一枚も麻雀牌は出てこないけど、現場からは以上です。

グレート巨砲(おおづつ)
パチンコ必勝ガイド、近代麻雀、Numberほか様々なジャンルで執筆する人気ライター。
著者に「麻雀あるある」(竹書房刊)「熱論!Mリーグ」では金曜日の試合を担当。

【関連記事】 少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】 見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実 Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】 Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る! サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」