有言実行・小林剛!! コツコツ作戦がついに開花!! パイレーツ、同日2連勝で一気に5位まで浮上!!!

有言実行・小林剛!!

コツコツ作戦がついに開花!!

パイレーツ、同日2連勝で

一気に5位まで浮上!!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕82日目、第2戦は小林剛U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。鳴き仕掛けの多い小林が、ピンフ・ドラ3のマンガンをヤミテンで2回アガってトップ逃げ切り。パイレーツは同日2連勝で、フェニックス・雷電の2チームを一気にかわして5位に浮上した。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM雷電黒沢咲、そして小林の4名。

第2試合、開局先制リーチは親の黒沢。ドラ1のペン待ち。しかし追いついた松本のヤミテンに返り討ちに合う。タンヤオイーペーコー・赤1の5200点。

東2局、またも黒沢が放銃の憂き目に。高宮のイーペーコー・ドラ2のカン待ちに捕まって5200点。

東3局は親の松本の先制リーチに高宮が追いかけるリーチ合戦。高宮が松本のイーペーコーのペン待ちに飛び込んで3900点。ここまですべてのアガリにイーペーコーが絡む。

同1本場、ドラで自風のがアンコの配牌をもらった高宮が、ポンから仕掛けて待ちテンパイ。をツモアガって2000・4000。松本をかわして高宮がトップ目に。

東4局1本場、黒沢が松本のリーチの現物のを切ると、小林が手牌を開く。ピンフ・ドラ2・赤1の8000点。ここまでアガリがなく3着目の小林だったが、ようやく片目が開く。

南2局1本場、親を迎えた小林にピンフ・ドラ1・赤2のテンパイが入る。ヤミテンに構えて待ちのをトップ目の高宮から直撃。12000点の直取りで小林が一気にトップに立ち、そのまま逃げ切って試合終了。瑞原に続く小林の勝利で、パイレーツは同日2連勝。一気に5位まで浮上した。

小林はインタビューで、

「簡単なピンフ・ドラ3を2回アガれてラッキーでしたね。あまり門前で高い手を作るタイプではないので、恵まれた手を活かせてよかったですね。(5位浮上について)去年もこの時期言いましたけど、面白い点差になってきたなと。そういう状況ですかね」

と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 3万9100点/+59.1
2着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 3万2300点/+12.3
3着 松本吉弘・ABEMAS 2万5100点/▲14.9
4着 黒沢咲・雷電 3500点/▲56.5

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +512.0(82/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +194.3(82/90)
3位 EX風林火山 ▲39.5(82/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲58.9(82/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲85.5(82/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲142.9(82/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲148.7(82/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲230.8(82/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電vsPirates」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月26日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!