“その牌を触れば終わる”小林の歩みを支えるのは、勇気でも祈りでもなく━━【週刊Mリーグ2021レポート11月1~5日】文・須田良規

“その牌を触れば
終わる”
小林の歩みを
支えるのは、
勇気でも祈り
でもなく━━

文・須田良規 【週刊Мリーグレポート】2021年11月1日~5日

11月1日(月)の第2試合U-NEXT Pirates小林剛は、開局5巡目にして窮地に立たされる。

東家、KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗がダブ【東】のポン、【8ソウ】をポンして早々にこのテンパイ。


すでにダブ【東】トイトイの12000で【6ソウ】【9ピン】待ちなのである。

伊達の捨て牌はここまでこうなっている。

小林の手牌はこうだ。

小林は、【9ピン】を切れば死ぬ。

仰々しいかもしれないが、この地雷原に放り込まれたような状況は、そう例えても間違っていないだろう。

皆さんは、この小林の立場になってどう立ち回ることができたか、一緒にこのタイトロープを追ってみて欲しい。

【1マン】【2マン】【3マン】【4マン】【5マン】【8マン】【赤5ソウ】【5ソウ】【5ソウ】【赤5ピン】【7ピン】【7ピン】【9ピン】 ツモ【3ソウ】 ドラ【1マン】

自身の手はドラ【1マン】があり、赤赤だ。
アガリも欲しいが、その誘惑に任せて好き放題切るわけにもいかない。
伊達は第一打から【7マン】、すぐにダブ【東】をポンして打【9ソウ】
【1ピン】をツモ切って、次巡手出しで【4ピン】切り。
【8ソウ】をポンして【南】切り。と、これだけだ。
手牌構成はもちろん読み切れない。打点もわからない。

ただ、テンパイかもしれない、とは危惧してよいと思う。
ここまで字牌の【南】を持っているのが妙なのだ。

【7マン】【4ピン】を先切りまでして、ダブ【東】ポンしている東家が持つ意味。

重ねてさらにトイトイの種にしたかったのか、安全牌にしたかったのかは不明だが、
いずれにせよメンツの候補、アガリの形がほぼ決まっているわけだ。

実際、赤坂ドリブンズ村上淳も、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾も、ここから甘い牌は一切打たなくなる。

小林も守備に徹したいところなのだが、安全牌自体ひねり出すのが難しい手牌だ。

まずは【8マン】切り。
伊達の初打【7マン】を見ての一打。
何度も言うが、小林は【9ピン】を切れば死ぬ。しかしそれがまだ見えるわけもないのだ。

次巡はこう。

ドラが【1マン】であるし、マンズの下は全てノーヒント。
小林から赤は【赤5マン】だけ見えていないのだが、ドラが雀頭ならば何で打っても高い。
ただし自身の手もマンガンイーシャンテン。

ここは【5ソウ】の壁で比較的放銃ケースの低そうな【3ソウ】を押した。

そして伊達が【東】をツモってきて、すぐに加カン。なんと新ドラが自身でポンしている【8ソウ】

ダブ【東】トイトイ・ドラ3の18000だ。
これは周囲から見ても由々しき事態で、トイトイでなくとも、手牌にドラや赤が1枚あれば18000となる。

小林はここにツモ【4ソウ】

【1ソウ】【4ソウ】受けはわからない。ただ裏ドラも増えたため、自分のリターンもある。
現状完全安全牌は増えていないので、アンコの【5ソウ】絡みは薄い【4ソウ】は押した。

ただ次巡にツモ【中】と来る。

これはかなり厳しい。
【中】で打てばダブ【東】トイトイ【中】・ドラ3で24000まで行ってしまう。
トイトイでなくとも、18000は確定だ。
小林は小考に沈み━━、スジの【7ピン】を切った。

トイツなのでシャンポンに当たる可能性も低く、【4ピン】の先切りによりカン【7ピン】あたりは想定しにくい牌だ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!