"決意の打牌まで30秒"豪胆の魔王と双璧を成すは、繊細の夜叉姫【週刊Mリーグ2021セレクト11月15~19日】文・須田良規

"決意の打牌まで30秒"
豪胆の魔王と双璧を成すは、
繊細の夜叉姫

文・須田良規 【週刊Мリーグセレクト】2021年11月15日~19日

声優──。声優か。

KONAMI麻雀格闘倶楽部に、今期新規加入した伊達朱里紗のことを、そうとしか認識していなかった人も多いかもしれない。

11月18日(木)第2試合、伊達は10万5500点の大トップでMリーグレコードを叩き出し、
彼女は一躍有名プロ雀士となった。
“女版佐々木寿人だと、彼女を評する声が高まった。

しかし私はこれより前に、伊達の打ち筋に興味を持ったことがあった。
10月22日(金)の第1試合で、

このKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳【5マン】【8マン】待ちリーチに対し、

伊達は親のツモり四暗刻テンパイから【5マン】を掴んで降りた。

これは、「相手の待ちを読む慧眼」と、「役満を崩せる勇気」が兼ね備わってないとできない行為である。

これは──、ただの二足の草鞋の選手ではない。
そう思わせるには十分な出来事だった。

私は、伊達がどういう選手であるのか、その本質と真価を今日改めて見たいと思っていた。

東3局4本場、東家伊達はすでに54200持ちのトップ目。

このとき11巡目に西家のセガサミーフェニックス魚谷侑未が切った【6ピン】を、
南家TEAM雷電黒沢咲がポンして打【1ソウ】
すぐに魚谷からリーチが入り、それに対して黒沢が際限なく押している状況である。

15巡目、伊達が二人に追いついた。

さて、この絶好の入り目、点棒状況と待ちで、普通の打ち手ならどうするであろうか。

伊達はこのとき、実に約30秒の、この日一番の長考をしたのである。

伊達は、そんなに打牌に迷う場面を見ることは少ない。
つまりこれは──、
伊達にとって確信に近い危険牌であり、相手の打点が高いことがわかっていたのである。

魚谷のリーチも怖いが、その待ちは実際のところ絞り切れない。
問題は、黒沢だったのであろう。

全体の様子を見てみよう。

まず黒沢は、9巡目に【5ピン】を切っておきながら、【6ピン】をポンしているのが不自然だ。
これは【4ピン】【7ピン】を引かなくても良い形だったということ。

9巡目の次は【8ピン】のツモ切りを挟み、何かを引いて、打【西】
そして魚谷から【6ピン】をポンして打【1ソウ】のポンテンとなっている。

と、いうことは。

このように黒沢が【6ピン】雀頭に固定して【5ピン】を切り、
他の色にターツのあるイーシャンテンで【西】を抱えていたことがまずわかる。
そして、

そのイーシャンテン部分が広くなったために、【西】を切ったことが予想できる。

ここで雀頭候補であった【6ピン】をポンして、出てきたのが【1ソウ】であったなら、
厚く持っていたのはソーズの下部分。

伊達から見て【4ソウ】は3枚見えており、ドラが【2ソウ】
ましてや黒沢のポンテンということもある。

伊達は、黒沢がドラを固めているはずだと、かなり恐れていたはずだ。

そしてリーチの魚谷が【8ソウ】【6マン】とツモ切っていて、
黒沢の想像できる待ちは、【4ソウ】【7ソウ】【4マン】【7マン】【5マン】【8マン】か、必然的にそのあたりが残っていた。

伊達は熟考の末──、【7マン】を横に曲げ、黒沢にマンガンを献上する。

「ハイ」という透き通った声が、覚悟と潔さをにじませていた。

もちろんこれは、これが東3局の親番であること、自身の待ちの強さなど、
いろんな要素を伊達が考えて、ここ1スジを押そうと決めて戦った結果である。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!