「俺の表情を見てくれ」ABEMAS・白鳥翔が見せたキレッキレの押し引き 【Mリーグ2021観戦記11/23】担当記者:ZERO

(なんなん?)

という園田の嘆きが聞こえてきそうだ。

運命に翻弄される園田と対象的だったのが白鳥だ。

ABEMAS・白鳥の飛翔

白鳥は東2局の親番で

ここから【2マン】を切った。

123や234の三色が見えるが、手役にこだわらずダブ【東】と連続形を残した選択である。

その後も溢れかえる中張牌のツモを乗りこなし…

カン【6マン】待ちのテンパイ!

これを淀みなく

リーチと畳み掛ける。

ダマテンにしたくなる理由はいくらでも挙げられる。

・巡目が深くなってきた
・特に【4ソウ】のトイツ落としをしてきた瑠美がすぐにでもリーチきそう
・全赤をキャッチできる他、リャンメン手がわりも複数ある
・マンズがやや高い

考えれば考えるほど、知識が増えれば増えるほど、痛みを知れば知るほどダマテンに構えたくなる… そんなテンパイだが、親番というチャンスに攻めずしていつ攻めるのか。

リスクを負わずしてリターンを得ることはできない。

白鳥の引き締まった表情から、戦う決意が垣間見える。

このリーチの結果は

1人テンパイで流局した。

リーチ成功率は
(アガリ回数/リーチ回数)
で計算されるが、成功の意味を考えると本来は
(アガリ回数+流局回数/リーチ回数)
で計算すべきだ。リーチによって相手の進行を阻害し、流局までいけば立派なリーチ成功と言えるのではないか。

こうしてつないだ1本場に

白鳥のリーヅモドラ3・裏1の6000オールが飛び出す!

スワンが湖面から大きく飛翔したのだ!!

(飛翔って、それ運だけじゃん…)

(腕だよ)

そして親番の園田が2枚切れの【西】に苦しんでいた東4局に話は戻る。

白鳥はこんな手をしていた。

白鳥はここから【1ソウ】のトイツに手をかける。2シャンテン戻しだ。

なんとなく… だが、白鳥は【4マン】を切るイメージだった。

タンヤオは見るのだけど、いかにも危険なドラ表示牌の【4マン】を先に処理しつつイーシャンテンを維持する選択だ。

【1ソウ】は変化を見るときは目一杯、という選択。

切った【1ソウ】がまさしく大空へ羽ばたく白鳥(はくちょう)のように映る。

こうして【1ソウ】を羽ばたかせた2巡後…

待望のテンパイが入る!

意思を持って残した【4マン】のおかげで、【6マン】【9マン】【4マン】にも受けることができる。

タンヤオ確定のカン【3マン】か、変則三面張か…

白鳥の手は一番左まで伸びた。

【4マン】【6マン】【9マン】だ!

これも勝手なイメージだが、白鳥はカン【3マン】ダマに受けると思っていた。

これまで、トップ目ではなるべく隙を作らないように打っていたからだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!