リーチしてる女の子、喰い伸ばしてる男の子 【Mリーグ2021観戦記12/10】担当記者:越野智紀

園田・瑠美の二人テンパイなら小林は瑠美と同点2位になり3位までは落ちないことと、瑠美に対する安全牌確保の面から受けを選択。

園田の『一緒にテンパイ計画』への誘いを一旦断りました。

その後、小林は【3マン】【6マン】引いて【5ソウ】にくっつけての比較的安全なテンパイルートを残した【2マン】切り。

ドラの【9マン】が場に4枚見えている状況で満貫をアガリたい瑠美にダマテンが入っている確率は低そうなので、まだ安全牌は温存します。

この小林の切った【2マン】を鳴けばテンパイする瑠美は残りツモ番3回でスルー。

残った山には【2マン】が1枚と【6ソウ】が1枚だけ。

あくまでもトップを目指してツモ山に手を伸ばすと持ってきたのが【6ソウ】

天衣無縫の選択で確率の向こう側の景色が少し見えてきました。

親の連荘で次局に繋げたい園田にとって、このリーチは少し難しい問題。

瑠美がリーチ棒を出した今、【3マン】を押してテンパイ濃厚な姿を見せてしまうと小林はノーテンでも単独2着なので気持ちが更に降りに傾いてしまう心配があります。

ここは降りたように見せてテンパイが取れるのが最善なので

「小林さん、テンパイよろしく!」

と、【2ソウ】【3ソウ】の現物を落として【3マン】周りを引くことに期待。

園田にテンパイしてもらい単独2位になりたい小林も

「ソノダサン… ガンバッテ」

と、安全な選択。

自分のことよりも相手(のテンパイ)を思いやる、現代版『賢者の贈り物』といった展開で二人ともノーテンに終わりました。

2人のやり取りを尻目に逆転トップに賭けた瑠美でしたが、山に1枚残っていた【2マン】を引けずに流局。

直近三戦連続でラスを引いていた高宮が

「チームポイントがプラスしてるから焦らず落ち着いて打とう」

というチームからの言葉を胸に東2局にアガった6,000オールのリードを守り、最後まで慌てることなく走り切ってトップ。

チーム好調の波に乗って不調を脱しました。

「小林さんが第一打に【8マン】切ってるから【7マン】のほうが良かったね」と、南3局のリーチ宣言牌を悔いた瑠美は

目を見開いて登場と一つネタを仕込んできた船長と同点2位。

4位に終わった魔術師は、画面外からも存在感を示し次戦以降に巻き返しを計りました。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!