“16本のリーチ棒をかわせ──!”熟達の狩人に立ち向かった、白鳥翔の鼓翼【週刊Mリーグ2021セレクト12月6~10日】文・須田良規

“16本のリーチ棒を
かわせ──!”
熟達の狩人に立ち向かった、
白鳥翔の鼓翼(こよく)

文・須田良規 【週刊Мリーグセレクト】2021年12月6~10日

12月9日(木)の第2試合渋谷ABEMASからは白鳥翔が登板した。

渋谷ABEMASは初戦日向藍子が苦しいラス。
日向は今期の成績が振るわず、白鳥もチームメイトの悔しさを背負って卓に向かったはずだ。

しかし、ここで白鳥に訪れたのは、誰が座っていても困難な、未曽有の圧倒的苦境であった。

同卓者は、
KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠
セガサミーフェニックス茅森早香
TEAM雷電本田朋広
である。

最初の危機は東2局の1本場だった。

東家沢崎からこの【5ピン】切りカン【8ピン】待ちのリーチ。
白鳥は、11巡目に安全牌が尽きた。

現物は皆無、スジの【8ピン】は当たり牌という状況。
ダブ【東】生牌で、沢崎に雀頭の牌である。
結果当たりではないが、ここまで生牌なのはやはり危険だ。

小考する白鳥。
しかしこれは──、【8ピン】くらいしか選びようがないのではないか。
もしくは、目をつぶって【東】なのか?

大勢の予想に反し、白鳥が選んだのは、無スジの【1ピン】であった。

おお、と思わず感嘆の声をあげた。

全体の捨て牌は、こうなっていた。

【5ピン】が、沢崎の打牌含めて3枚見えている。

多少麻雀に明るい人なら、
【5ピン】切りリーチに【1ピン】【4ピン】待ちはやや考えにくい」
ということはイメージとしてあると思う。

リーチ宣言まで、【2ピン】【3ピン】【5ピン】という形で引っ張ることが少ないからだ。

無論例外はいくつかあって、
【2ピン】【3ピン】【3ピン】【4ピン】【5ピン】【5ピン】【2ピン】【3ピン】【5ピン】【5ピン】【6ピン】など、【5ピン】周りを厚く持っているケース。

これを白鳥は、【5ピン】の切れ具合から薄いと判断できたのである。

【2ピン】【3ピン】【4ピン】【4ピン】【5ピン】【1ピン】【2ピン】【3ピン】【4ピン】【5ピン】からの亜リャンメン・ノベタンもあるが、
【赤5ピン】のあるMリーグルールでは、【1ピン】も1枚切れであるし、【2ピン】【5ピン】受けにする可能性も高い。

やはり、不要牌の【北】を前巡に切ってからの【5ピン】切りリーチは、相当に【5ピン】【1ピン】【4ピン】以外での関連牌であると思われる。
無スジの【1ピン】より、カン【8ピン】の方が濃いと──。

白鳥はこの1巡を【1ピン】切りで耐えたことが生きて、安全牌の増えた以降の道中を、無傷で凌ぐことができた。

しかしその後も白鳥は、他家の硝煙弾雨のリーチ攻勢に襲われ、
幾度も幾度も窮地に立たされる。

南2局も7巡目に東家沢崎から【1マン】【4マン】待ちのリーチ。

これも白鳥は丁寧に受けての17巡目。

どうする。やはり現物はない。
沢崎の待ちは、白鳥のこの手格好で【1マン】【4マン】なのである。

【1マン】【4マン】を切ればテンパイはしやすい。
ワンチャンスを切るなら【2マン】の方が安全だが、
自身の手も鳴けるイーシャンテンで、下3人が競っている今、テンパイ料も垂涎の状況。

もう甘えて、同じワンチャンスなら【1マン】【4マン】くらい通しちゃったらどうなんだ?

しかしその誘惑を断ち切って、白鳥が切ったのは【2ソウ】であった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!