松ヶ瀬隆弥、3度のマンガンで8勝目!! パイレーツ・朝倉康心にラスを押し付けて、風林火山が首位に迫る!!

松ヶ瀬隆弥、

3度のマンガンで8勝目!!

パイレーツ・朝倉康心に

ラスを押し付けて、

風林火山が首位に迫る!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕71日目、第1戦は松ヶ瀬隆弥EX風林火山)が、トップを獲得。松ヶ瀬はリーチを1度もかけることなく、他家のリーチをかわして3度のマンガンを成就。個人8勝目で2位につけて、風林火山は首位パイレーツとの差を2桁に縮めた。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人U-NEXT Pirates朝倉康心、そして松ヶ瀬の4名。

南家・朝倉が親の岡田に2900点を放銃して、迎えた東1局1本場。朝倉が【4ソウ】【7ソウ】待ちのリーチをかけるが、北家・松ヶ瀬はイッツーのカン待ちですでにヤミテン。朝倉の現物でヤミテンを入れていた岡田が、【5ソウ】をツモ切って放銃。ドラ1・赤1の8000点で松ヶ瀬がトップ目に立つ。

東3局1本場、9巡目に松ヶ瀬がカン【5ソウ】を鳴いてドラ1・赤2のタンヤオをテンパイ。【1ピン】【4ピン】【7ピン】待ちの片アガリ。親の萩原からリーチが入るが、即座に【7ピン】をツモって2000・4000。

南1局、松ヶ瀬は10巡目にカン【6ソウ】を鳴いて、ドラ3のタンヤオのテンパイ。待ちはカン【7マン】。親の岡田からリーチが入り、ラス目の朝倉が追いかけるも【7マン】をつかんで松ヶ瀬に8000点の放銃。

この3度のマンガンで松ヶ瀬は5万点オーバーに。オーラスは3着目の萩原のリーチに、松ヶ瀬はテンパイの状態から河に1枚切れの【北】をツモ切って放銃。チートイツの8000点に振り込むも、織り込み済み。余裕の逃げ切りトップで試合終了となった。

松ヶ瀬はインタビューで、

「(リーチゼロについて)めずらしい展開になりましたね。僕、すごくリーチを打つ人なので今日はたまたまそういう牌のめぐりになっていただけで、結局鳴くべきところは鳴くので、ドラがいっぱい来たので動きやすかったです」

と語った。

【Result】
1着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 4万1600点/+61.6
2着 岡田紗佳サクラナイツ 3万6000点/+16.0
3着 萩原聖人・雷電 2万4400点/▲15.6
4着 朝倉康心・パイレーツ ▲2000点/▲62.0

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +344.2(71/90)
2位 EX風林火山 +234.2(71/90)
3位 渋谷ABEMAS +180.9(70/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +125.0(71/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +121.3(70/90)
6位 セガサミーフェニックス +36.9(70/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲116.3(70/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲946.2(71/90)

大和証券 Mリーグ  風林火山vsサクラナイツvs雷電vsPirates

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
2月7日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ  風林火山vsサクラナイツvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/