遠くなる背中と押したい背中【Mリーグ2021-22ファイナル 観戦記4/22】担当記者:越野智紀

滝沢選手の狙いは上手く噛み合わず痛恨の4着となり、KONAMI麻雀格闘俱楽部の初優勝に赤よりの黄信号が灯りました。

この後、トップ争いはもつれ

前局不本意な形でのアガリでオーラスハネマン条件を残した岡田選手でしたが、キッチリ条件を満たすテンパイを組んでのリーチ。

さらにトップ目の近藤選手から高め18,000点の弩級のリーチが入ります。

仕掛けてテンパイしていた日向選手は手牌の5枚がロン牌になっていて、降りたら逆に危険な状況。

日向選手は【5マン】をプッシュ。

続いてきた【8ソウ】

岡田選手はソーズのホンイツ

これでロンをされたら3着落ちは確実で相当厳しい牌です。

試合前に緊張していると言った日向選手に対し

多井「日向がどんな結果でもだいたい俺のせいだよ、負けたら。だって俺3ラスなんだもん」

白鳥「そうだね、確かにそうだね」

日向「そんなことないから!」

多井「客観的に松本どう?」

松本「想定してたスコアが上のほうにあったからラス引くと落胆大きいんだよね。隆晴ラスは誤算」

多井「誤算だよね」

日向「いやいやいや、大丈夫これからだから」

白鳥「…正直ラスの時、引いたもん」

このやり取りで解かれた緊張。

「残り6戦で暫定3位。上しか見てません。目標は優勝です。頑張ります。」

と、チームメイトに背中を押され蘇った強い気持ちで

【8ソウ】もプッシュ。

熱いです。

この局、日向選手は最後まで押し切って流局。

ここでテンパイ料を取れたことが次局の展開に大きく左右します。

1本場。

ツモか裏1でトップ逆転のリーチが岡田選手から入ります。

今度はトップ目に立っていた日向選手。

流局して近藤選手がテンパイなら捲られても次の局があり、ノーテンならトップで終了です。

テンパイを取りにいった近藤選手が放銃するケースも考えられ、それが満貫以下ならトップ逃げ切り。

ここで悠々自適のベタ降りライフの始まりです。

滝沢選手からのリーチも入りましたが

どちらにもアガリは出ず、近藤選手ノーテンで流局終了。

チーム全員で押した【8ソウ】が日向選手のトップを呼び込み

渋谷ABEMAS初優勝への道が見えてきました。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/