俺が復調したらサクラナイツは無敵 内川幸太郎、3人の試練を乗り切ってとった珠玉の1勝【Mリーグ2021-22 セミファイナル観戦記3/31】担当記者:ZERO/沖中祐也

俺が復調したら

サクラナイツは無敵

内川幸太郎、3人の試練を

乗り切ってとった珠玉の1勝

文・ZERO/沖中祐也【木曜臨時ライター】2022年3月31日

【第1試合】

東家:松本吉弘渋谷ABEMAS
南家:魚谷侑未セガサミーフェニックス
西家:滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部
北家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

あなたの両親、あるいは親戚や同僚はMリーグを知っているだろうか。

ファンは年々増えているとは言え、まだメジャーになったとは言い難い現状で、麻雀観戦は孤独になりがちである。

ともすれば、世の中でMリーグを見ているのは私だけなのでは… という錯覚に陥ることがある。

しかし今夜、その幻想が六本木の熱気によって溶けていった。

およそ2年ぶりとなる大規模PV「プレミアムナイト」の開催である。

各チームのバルーンを手にしたファンたちが集い、思い思いに声を上げる。

選手たちも、モニターの向こう側には熱いファンがいることを再確認し、勇気づけられたのではないだろうか。

ただでさえ負けられない戦いが続くセミファイナルに、さらに負けられない理由が加わる。

出場選手はPV会場の六本木からMリーグスタジオのある浜松町まで移動し、1戦目が始まった。

そのうちの1人。

内川にいきなり試練が訪れる。

試練① 魚谷侑未の読み

対面のリーチ、下家の親のダブ【東】ポンに対し、手詰まってしまったのだ。

リーチの筋であり、2枚持っている【8ピン】を切ると…


これが魚谷のシャンポン待ちにストライク。

ピンズが安い場において【3ピン】【8ピン】も期待できると、タンヤオドラドラでありながらリーチに踏み切った魚谷の好判断となった。


一気に湧くセガサミーサポーター達。

こうやって自分の名前を掲げて応援されるなんて、選手たちはどれだけ嬉しいだろう。

さて放銃となった内川だが、こうなることはある程度予見していたのだ。

遡ること2巡目。


内川はここから【4ソウ】を切っていた。

まともに手を組むことを放棄したかのような選択だ。

端牌や字牌を抱えていつでもオリれるようにしつつ、チートイやトイトイを狙うという判断。

その準備のおかげで魚谷のリーチにもしばらくは安全にオリていたのだが、ついぞ安全牌が尽きて放銃してしまったというわけ。


魚谷がさらに魅せる。

アガって持ってきた親番で…

【6マン横向き】【赤5マン】【7マン】でチーしています)

【4ピン】をツモってテンパイし、音速で【4マン】を河に放った。

このとき、対面の内川からリーチが入っていたのだ。


たしかに自身はタンヤオドラ3のテンパイではある。

しかし決してアガりやすいとはいえないドラ単騎、さらに内川の捨て牌を見るとかなり不穏であり、特にマンズは切りづらい。

さらにハイテイでツモってきたのが

【6マン】

これは【3マン】【6マン】【6マン】【9マン】も通っていない両無筋、さすがにハイテイで切る牌ではない… と誰もが思ったその刹那

【6マン】をぶった切ってテンパイを維持した。

せっかく得た東1局のリードをフイにしてしまう可能性のある押し。

魚谷は内川のリーチをチートイツと見切っていたのだ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!