二階堂瑠美、三度目の正直 今季初トップ獲得!! 序盤の苦境を南場で跳ね返す!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

二階堂瑠美、三度目の正直

今季初トップ獲得!!

序盤の苦境を南場で

跳ね返す!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の5日目、第1戦は二階堂瑠美EX風林火山)が、トップを獲得。3連闘となっ二階堂瑠美。東場はラスに甘んじたものの、南場で3回のアガリを成就。2度のラスを乗り越えて初トップを手にした。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢渋谷ABEMAS日向藍子TEAM RAIDEN / 雷電・本田朋広、そして二階堂の4名。

開局に親番の園田がピンフタンヤオ・ドラ1をリーチ・ツモ。4000オールをアガって、園田のリードで局面は進む。

南1局、親の園田が赤2の手で先制リーチ。待ちはペン【7マン】。本田はタンヤオ・チートイ・ドラ2の【4ピン】待ちテンパイで追いかけリーチを敢行。2軒に挟まれたラス目の二階堂は遅れること1巡、ドラの【7ソウ】を切ってリーチを宣言。タンヤオ・赤1の【4ピン】【7ピン】待ち。本田が【7ピン】を掴んで二階堂に5200点の放銃で決着。

勢いづいた二階堂は、次局・次々局と連続アガリを決めて、一気にトップ目に上り詰める。

オーラスは日向が、8000点を本田から討ち取って園田をかわして2着に浮上してフィニッシュとなった。

二階堂はインタビューで、

「昨シーズンが自分の麻雀とかけはなれていたので、なんとかしようというのが今季のテーマでしたが、勝又先生にまだ固いと言われてたので普段の通り打ってたつもりですが、東場は手牌が追いついてこなかったのですが、親が流れた後にたまたまアガリに恵まれてよかったです」

と語った。

【Result】
1着 二階堂瑠美・風林火山 3万8700点/+58.7
2着 日向藍子・ABEMAS 2万8500点/+8.5
3着 園田賢・ドリブンズ 2万6100点/▲13.9
4着 本田朋広・雷電 6700点/▲53.3

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +134.9(4/94)
2位 渋谷ABEMAS +104.9(5/94)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +81.0(4/94)
4位 EX風林火山 ▲34.7(5/94)
5位 U-NEXT Pirates ▲54.4(4/94)
6位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲69.4(5/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲75.7(5/94)
8位 セガサミーフェニックス ▲86.6(4/94)

大和証券Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!