小林剛、 超接戦のオーラスを制す!! パイレーツがついにプラスに浮上!!




小林剛、
超接戦のオーラスを制す!!
パイレーツがプラスに浮上!!

 

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の18日目第2戦は、小林剛(U-NEXT Pirates)がトップを獲得。小林は個人2勝目、チームは5勝目でポイントをプラス圏内に牽引した。

2回戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・藤崎智(日本プロ麻雀連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(日本プロ麻雀連盟)そして小林

東3局、小林のポンに内川が待ちのピンフ・赤1のリーチで攻めるも小林に放銃。赤1の2600点。

東4局には藤崎がリーチ・ツモ・ドラ1・赤1の2000・4000。これで藤崎が3万点を超えてトップ目に立つ。

南2局1本場は、ダブをポンした藤崎と内川の2巡目リーチの対決。これは内川に軍配が上がり、2000点を藤崎から討ち取り、内川がトップ目に。

南3局には、苦しいラス目だった松本がリーチ・一発・ツモ・ピンフ・ウラ1のマンガンを成就。一気に回復に成功する。

南4局1本場、トップ内川が2万9000点、ラスの小林が2万1500点という超僅差。放銃すなわちラス、というしびれる状況。

先制リーチをかけたのは小林。ドラ1・赤1のカン待ちを11巡目にリーチ。すでに仕掛けてイッツーのテンパイを入れていた松本は、一歩も引かず危険牌を押す。松本のアガリ牌のは山に3枚、小林は1枚。しかし結果は無情にも松本がを掴んで6400点の放銃。小林がギリギリ内川を交わして差し切った。

勝利者インタビューで小林は「(オーラスは)ラス抜けばかりを狙っていたら高くなっちゃいましたね。チームポイントがプラスになったので、皆様にちょっと安心していただけるかなと思いますと語った。

【Result】
1着 小林剛・U-NEXT Pirates 2万9200点/+49.2
2着 内川幸太郎・KADOKAWAサクラナイツ 2万9000点/+9.0
3着 藤崎智・KONAMI麻雀格闘倶楽部 2万1600点/▲18.4
4着 松本吉弘・渋谷ABEMAS 2万200点/▲39.8

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +136.5(18/90)
2位 EX風林火山 +76.9(18/90)
3位 渋谷ABEMAS +66.6(18/90)
4位 TEAM雷電 +50.5(18/90)
5位 セガサミーフェニックス +29.8(18/90)
6位 U-NEXT Pirates 25.4(18/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲163.8(18/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲221.9(18/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月28日の対戦は
U-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvs KADOKAWAサクラナイツ

キャスト
U-NEXT Pirates
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
KADOKAWAサクラナイツ
実況:小林未沙
解説:園田賢
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券MリーグPiratesvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする