【西原理恵子 & 山崎一夫】天才投資家、一撃十九億円!

天才投資家
一撃十九億円

「メンタン即ツモ・三色同刻・裏ドラ8枚・でもって四アンコ」

私の昔の大物手でトップ3回ぶんくらいの一撃でした。

想像がつくと思いますが、暗カンの4枚が、モロに裏ドラでダブってしまったんです。
長く麻雀を打っていると、たまにこんなことも起こります。

長く打つということは、たくさん打つということなので、大勢の人の麻雀を足しても同じ。
なので、Twitterに報告されるネット麻雀では、もっと凄いのがたくさん画像付きで見かけます。

メンゼンの大三元やさらに字一色とか、やはりメンゼンのチンロートーとか。

私の報告は私がそう言ってるだけですが、ネットの画像には記憶間違いなどはありません。

で、物凄いのをアガったのは事実だとしても、トータルで勝っているかどうかは別問題です。
私はもう40年くらいギャンブルライターをやってますが、最初からスタンスがエゲツないです。

ギャンブルは基本的に儲からず、儲かるのはゴト師とハウスくらい。

「それ言っちゃイカンでしょ」

自分の仕事を否定するような基本方針です。

パチンコその他のギャンブルでも大きく勝ったことはありますが、賭け金に上限のない公営ギャンブルはやらないので、大きいと言っても限られています。

私の推奨するのは麻雀やパチンコのように、法的にややグレーで賭け金額と勝ち金額に上限のあるギャンブル。
一攫千金ではなく、職人のようにコツコツと時給数千円で稼ぐ種目です。

さてここ数日、私はTwitterでCisさんというカリスマ的トレーダーの動向に注目していました。
前に紹介したことがありますが、麻雀たぬの大会で優勝したこともある麻雀の強者でもあります。
仮想通貨ビットコインが暴落した時は数億円の買いを入れました。

すげえタイミングだなあ、ここはCisさんになったつもりでなりゆきに注目してみよう」

あくまでもつもりです。

数日後、Cisさんは見事に一億円くらいの利益を出しました。
さらに凄いのは利益を確定した直後に、ビットコインはまた下がっているんです。

「天才かよ」「だね」

おそらくCisさんのツイートに乗って稼いだ人も多かったんじゃないでしょうか。
と大いに感心したのもつかの間、さらに凄いことが起こりました。

「そろそろ日経が天井の予感」

と少し前につぶやいていたんですが、その暴落予想が的中。
日経先物の売りで一撃十九億円の荒稼ぎをしたんです。
私なんか単位が良く理解できないもんだから

「十九億万円?」

て言ってしまいましたがな。

Cisさんはかつて、タモリさんの番組「笑っていいとも」に出演し、その時の資産額は百億円でした。

最初は百万円くらいから投資を始めたそうですから、何倍になったか分かりませんが(計算したくない)、凄く増えてます。
で、最近まで「運用資産210億円」と自己紹介してたんですが、今回のカッパギで「運用資産230億円」と書き換えております。

興味のある方はyoutubeで「笑っていいとも 株で100億円儲けた男(cis)登場」と検索してみてくだい。

飛躍のキッカケになった「10分間で六億円の利益」などのエピソードが聞けます。

 

対人ゲームは
勝つ意思と
能力が必要

私は株やFXや仮想通貨などの投資はまったくの素人なので、Cisさんがどうやってコンスタントに勝っているのかは分かりません。
多種多様な知識とテクニックがあり、さらに経験や並外れた度胸も必要そうです。

素人考えかつ、ギャンブルライター的な視点ですが、ここ数年の日本の政府による株高誘導あるいは乱高下の状態は、日銀などの公的資金の買い支えがカモになっていそうです。

的は私たちの税金や年金です。

Cisさんとは関係なく一般論ですが、ごく単純に考えて

公務員が人の金を運用して儲かるワケがない。
儲ける強い意思や能力発揮にも疑問があります。

だってどんなに優秀で頑張って儲けても、一般の投資家と違って報酬は増えません。
買い支えた株で儲けるとは、株価が上がった時に売って利益を確定させることですが、公務員がそんなことはしない。

また、
「買い支えたハズの株がさらに下がりそう。損切りしてこれ以上の損失を防ごう」
なんて必死の判断も無い。

売ればさらなる株価の下落を促進しかねないので、買い支えの意味が無くなる。

一般の投資家だったら、持ってて地獄、売ればもっと地獄の出口無しの状態ですが、自分が損をするワケでもありません。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!