僕は… 石川遼はこんな牌を打たない 理詰めの向こう側に見た我慢と情熱 #麻雀最強戦2022 【男子プロ理詰めの極致】観戦記【決勝卓】担当記者:ZERO/沖中祐也

僕は… 石川遼は

こんな牌を打たない

理詰めの向こう側に見た

我慢と情熱

【決勝卓】担当記者:ZERO/沖中祐也 2022年6月19日(日)

この日のトーナメントは「理詰めの極致」と銘打たれた。

なるほど、理を追求するドリブンズの3人と歴代天鳳位たち5人が顔を揃えている。

麻雀は数字を扱うゲームなので、とどのつまり理が全てだ。

そこに気合や情熱などの要素は入るはずもない。

──はずもない、のだが。

B卓のオーラス4本場、

齋藤の猛攻に追い詰められた石川は、リーチに対してこの【8ソウ】チーから発進。

いらない牌を荒々しく切り飛ばしていく石川は、いつもの温厚なイメージとはかけ離れていた。

 

斎藤の待ちは【3マン】【6マン】

石川の押し返しを肌で感じた齋藤のツモ切る指が震えている。

齋藤はこれまでの最強戦で結果が出せず、勝ちたい思いだけが募っていた。

バチン、バチン… 2人の切る牌が卓上に音を立てる。

(勝ちたい…)

(譲らないよ)

言葉にせずとも、熱い感情はモニター越しに伝わってくる。

理詰めの先には、何があるのだろうか。

決勝卓に残ったのは次の四人。

東家・山田独歩(3代目天鳳位)
南家・石川遼(4代目天鳳位)
西家・園田賢赤坂ドリブンズ
北家・鈴木たろう赤坂ドリブンズ

最初に抜け出したのはたろうだった。

粘る開局の親・独歩の親を8000で落とすと…

東3局にはリーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ・裏という、この世で最も効率が良いとされている30006000をツモ。

たろうは予選のA卓オーラスで、解説の梶本をして「こんなの見たことがない!」という選択を見せてきた。

このアガリ牌のカン【6マン】をチーしたのだ。

ロンしないことによって、安全にテンパイを維持したまま…

仕掛けている園田のアガリを待つことに成功。

底知れぬゼウスの選択が冴えに冴え渡ったのだ。

抜けたたろうに待ったをかけたのが、Mリーグではチームメイトとなる園田だった。

園田はここから【9マン】を切った。

なんてことない選択だが、牌図を見てみよう。

下家のたろうの仕掛けがチャンタを匂わせている上、ドラの【3ソウ】まで切り飛ばしている。

【9マン】はチーもロンもされたくない牌だ。

「だが、たろうさんならなんでもある」

たろうを知り尽くした園田はそう考え、【9マン】を切った。

【6マン】ではなく【9マン】を切っておくことにより、【4ソウ】を引いた時にタンヤオが確定するからだ。

もしたろうが【7マン】【8マン】と持っていたとすると配牌から【5マン】を切らずにマンズのホンイツを目指したんじゃないだろうか… という読みもあったかもしれない。

実際のたろうの手牌は…

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!