【 #神域リーグ 第8節観戦記】第23試合 Fra vs 天宮こころ vs 村上淳 vs 渋谷ハジメ 【文 #縦鳥千波 】

Fra選手から三面張のリーチがくるが、村上選手も【9ピン】を引いてイーシャンテンに。

さらには【6ピン】を引いて一気通貫完成! 待ち選択があるが、この手はとにかくアガれる選択をしたい。

【7ソウ】待ちのほうがよくみえ、【4ソウ】切ってリーチの選択もあったそうだが、安全に【8ソウ】を切った。
Fra選手の河にはマンズやピンズがかなり通って【4ソウ】の危険度があがっていた。放銃も加味すると【8ソウ】切りに軍配があがるだろう。
にしても、すぐにツモってしまった。

ツモならば跳満になり6000オール。この局で大きく点数が動いた。
1戦目に引き続きまたしても村上選手がトップをとってしまうのかと思われる瞬間だった。

【またまた天宮選手チートイツ?】

【北】を重ねた天宮選手。自風のため、鳴いてアガりにいくこともできる。

しかしここは、両面を外し、保険を残さずチートイツに向かっていった。
村上選手もこのようなチートイツに決めるのをよくみるが、この試合では天宮選手だった。

七対子どころか、四暗刻まで狙える手になった。重なりやすそうなところを徹底して残していく。ここで【2ピン】が上家からでた。

【2ピン】をポン。【6ソウ】をポン。トイトイの可能性がのこるのが大きい。【北】が暗刻だと打点もあり、安全度もありかなりしやすい。
最終的には【1ソウ】【4ソウ】【2ソウ】待ちで【2ソウ】ならトイトイのつく嬉しいテンパイだ。

七対子に向かったところから、うまく方針を変えてトイトイのテンパイまでたどり着いたが流局となった。

【豪運渋谷選手と丁寧Fra選手】

東3局、渋谷選手の手牌はピンズと字牌だけ。贅沢なターツ選択の時間だ

【北】を落とし【2ピン】を引いて、七対子と面子手のメンホン両天秤になってしまう。

さらにはドラを引いて一気通貫までつけられそうだが、ツモ切りとし、受け入れ枚数をとった。

字牌の対子落としに加えてドラをツモ切って、まさかの1鳴きでピンズホンイツの両面テンパイ! 神域リーグの渋谷選手は、多少つたない選択をしようが、結局どこかで高打点をあがっていく場面をたくさんみてきた。その豪運が働いているのだろうが。

Fra選手が【7ピン】を切ればテンパイになったが、【7ピン】は放銃になってしまう。

しかしFra選手は【西】を切って放銃回避! 【7ピン】が危険で残したわけではなく、【4ソウ】【西】も待ちが残っていないのだ。ドラまわりの【7ピン】を残して変化をみた丁寧な選択だ。

親の村上選手が追いついてリーチ。

待ちが変わったFra選手はここでリーチ。ソーズ待ちはかなり強そうだ。実際山に5枚残りの待ちでかなり強い。

しかし先制テンパイをいれていた渋谷選手が強かった。

【Fra選手の反省】

Fra選手はランクCだがわかりやすいミスが少ない選手で落ち着いてみれる選手だが、この局はらしくないなと感じた。
この牌姿からドラの【發】に手をかけてしまったのだ。3着目で、【發】を切るには中途半端な巡目と手牌だ。
これで村上選手が【1ピン】【4ピン】のテンパイをいれる。

さらに【1ピン】を引いてそのまますぐに切ってしまった。かなり村上選手の待ちが絞られているため、守備力の高いFra選手が切ったのには驚いた。
検討配信で語っていたが、とくに理由もなく切ってしまったそうだ。
そして、Fra選手が反省していたのは「危険とすら考えず切ったのが一番だめ」ということだった。
とてもいい反省のしかただなと思った。同じ放銃でも、この待ちで放銃する可能性があると認識しての放銃と、何も考えず「放銃してもいいや」の放銃ではまるで違うだろう。

リーチがきていないときのふわっとしたあまり考えていない放銃は私もよくやるし、誰もがやってしまうような放銃だが、いつもいろいろなことを考えるFra選手だからこそ、「彼にもそんなことがあるんだな」と、意外に思ってしまった。

【豪運対決!村上選手と渋谷選手】

南2局、村上選手に、ソーズと字牌だけで2面子1雀頭1両面のすごい配牌が入る。

しかも連続で【1ソウ】を引きテンパイ!待ち選択もできるし、外してチンイツに向かうことも無理なくできそうだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • Mリーグほぼ毎日4コマ2巻発売中!