【eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント】瀬戸熊直樹、粘りのアガリからクマクマタイム炸裂! 白鳥翔も勝負の鳴きから微差を制して準決勝へ【準々決勝 観戦記】東川亮

瀬戸熊直樹、
粘りのアガリから
クマクマタイム炸裂!
白鳥翔も勝負の鳴きから
微差を制して準決勝へ

eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント準々決勝 観戦記:東川亮

熱戦が続く「eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント」 準々決勝。一発勝負、2位まで勝ち抜けのレギュレーションにおいては、選手の間でさまざまな思惑が生じる。それは、eスポーツであっても同じ。選手たちは相手の意図を画面越しから懸命に読み取り、自らの勝ち上がりに全力を尽くす。

■準々決勝第1試合
東家:瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)
南家:ばんばん(ワンチャンス枠)
西家:やす(フリー枠)
北家:えんま(ワンチャンス枠)

状況は、開局わずか1巡で大きく動いた、親の瀬戸熊が開局早々ダブルリーチ、そこへ【白】を鳴いてアガリへ向かったえんまが放銃し、いきなり12000の高打点が炸裂。

 

さらに次局には、えんまのリーチに追っかけたやすが一発でツモってハネ満のアガリを決め、瀬戸熊に続いて大きな加点に成功する。

東4局は、ばんばんがフリテンを力強くツモって満貫をアガり、2番手に浮上。3者が高打点を決めて持ち点を増やす中、えんまは厳しい。

瀬戸熊も、スタートダッシュを決めて以降は加点ができず、気がつけば3番手に後退していた。逆転を目指したいところだが、南1局の親番ではトップ目のやすから先制リーチを受けてしまう。待ちも【2マン】【5マン】【8マン】と申し分ない。

だが、ここから瀬戸熊が粘る。リーチのロン牌【5マン】を暗刻にすると、カン【3マン】チーで【2マン】もロック。形式テンパイは取らないが、タンヤオに不要な【9ソウ】ではなく【6ソウ】を先に打ち出すことによって、シャンテン数を落とさないようにしつつドラも使い切る手組みを残す。

そこへ、理想的なドラを引いて雀頭ができ、カン【3ピン】待ちのテンパイへ。この【3ピン】は山に残り1枚、一方でやすの【2マン】【5マン】【8マン】待ちは残り5枚。瀬戸熊が圧倒的に不利な状況だったが…

アガリ牌は山に1枚あればいい。瀬戸熊がこの窮地を制して3900オール、再びトップ目へと浮上。

ここから瀬戸熊の猛連荘「クマクマタイム」が発動。5800、9600とアガリを重ね、勝ち上がりを確実なものとした。

えんまの持ち点は箱下へと沈み、残る1席を争うのはやすとばんばん。南3局5本場、親番のやすは【中】から仕掛けて連荘を狙うが、ばんばんにわずか6巡でタンヤオドラ4のテンパイ。待ちは仕掛けを入れている親の現物カン【3マン】

これが親に対してやや受け気味に打っていた瀬戸熊から出て、ばんばんが満貫のアガリ。瀬戸熊に次ぐ2番手で準決勝進出を決めた。

1位:瀬戸熊直樹 46400点 2位:ばんばん 42100点
3位:やす 25600点 4位:えんま ▲14100点

3位:やす(フリー枠)
「東場の一発ツモで今回もいけるかなと思ったんですけど、南1局の3メンチャンリーチがアガれなかったのが全てですかね。あの手をピンフドラドラで終わらせてしまって混戦になるのも嫌だったので、強気にリーチしたのですが、過信だったかもしれません」

4位:えんま(ワンチャンス枠)
「楽しかったです。キツいなと思っていましたけど、2着になるためにはどうしたらいいかと思って打っていました。やっぱり麻雀は面白いと思いましたし、僕はやっぱり好きだなと思います」

■準々決勝第2試合

東家:てな(ワンチャンス枠)
南家:つちだ(フリー枠)
西家:白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)
北家:くまこ(女流枠)

準々決勝第2試合は、開局からてなの3900オール、くまこの満貫ツモと、女性陣2名が大きく加点する。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!