最強の暴君・瀬戸熊直樹は 荒れ狂ういくさ場をいかにして戦い抜いたか #麻雀最強戦2022 【ファイナル 1st Stage】観戦記【B卓】担当記者 #後藤哲冶

最強の暴君・瀬戸熊直樹
荒れ狂ういくさ場を
いかにして戦い抜いたか

【B卓】担当記者:後藤哲冶 2022年12月10日(土)

昨年の最強戦ファイナル。

瀬戸熊直樹は掴み取った。
劇的な裏ドラ。魂の一牌。

観るものを魅了したその逆転劇は記憶に新しい。

映画にまでなったあの感動的な幕切れは、確かに一つの物語として完結したと言っても良いかもしれない。

だが――瀬戸熊直樹の物語が終わったわけではない。

昨年。瀬戸熊が最強位を獲った最強戦2021のファイナル1stStageにて、その前年度最強位である多井隆晴は無念の3位という形で最強位の座を降りた。

そして今年。同じく最強位という看板を引っ提げて、瀬戸熊がこのファイナル1stStageに挑む。

「多井さん、同じ轍は踏まないよ」

そんな少し冗談めかした瀬戸熊の言葉が聞こえてくるようだった。

連覇に向けて。
瀬戸熊の新しい挑戦が始まる。

麻雀最強戦2022ファイナル 1stStage B卓出場メンバー

ザ・レジェンド 優勝 前原雄大

女流プロ令和の乱 優勝 内田みこ

男子プロ因縁の抗争 優勝 岡崎涼太

現・最強位 瀬戸熊直樹

以上の4名。

東1局、まずは女流プロ令和の乱を制した内田みこの手順が光る。

この形から内田は【9マン】の対子落としを選択。
一時的に6ブロックに受ける【9ソウ】切りを選択する打ち手も多そうだが、ここはスリムに5ブロックへ。
ドラを使っての345三色が最高形か。

この形まで仕上げていた内田が、岡崎から切られた2枚目の【6ピン】をチー。
1枚目は打点との折り合いでリーチを狙ったが、もうこれ以上は見逃せない。

追い付いた親の岡崎がリーチ。

内田が引いてきたのは【2ソウ】
ドラが【3ソウ】【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】はいずれも通っていない。特にソーズ下は岡崎の河にはなにも切られていない。

一発で内田が【8ソウ】を打ちぬいた。
これが岡崎に捕まる。

7700のアガリ。

内田が僅かに俯いた。
当然の鳴き、当然の放銃だろう。むしろ手組が良かったからこその放銃にも思う。
けれど。けれど今日だけは「結果」が欲しい。

そんな表情に見えたのは私だけだろうか。

東1局1本場は内田が【白】を仕掛けて1000点のアガリ。
落ち着いている。東発から放銃に回った内田だが、そのアガリに向かう姿勢は一貫しているように見える。

東2局。そんな内田の姿勢に応えるように、好配牌が入る。

ダブ【東】暗刻。ドラの【1ソウ】こそ使いにくいが、メンゼンで仕上げれば十分に高打点が期待できる配牌だ。

しかしそこに割り込んできたのは前原。
打点的魅力は少ないが、この【白】を鳴いて前に出てきた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \「麻雀最強戦2022」DVD新刊予約受付中!/