萩原聖人、東城りおとのデッドヒートに競り勝って個人2連勝!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

萩原聖人、東城りおとの

マッチレースに競り勝って

個人2連勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の51日目、第2戦は萩原聖人TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。萩原と東城のマッチレースとなった第2試合、リードしていた東城がオーラスに松本のヤミテンに捕まって着落ち。萩原が年をまたいでの2連勝となった。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス東城りお、そして萩原の4名。

東2局、親の萩原がドラの【1ソウ】をアンコ、さらに【赤5ピン】を内蔵してテンパイ。【6マン】【8ソウ】のシャンポン待ちでリーチをかけて16巡目に【8ソウ】をツモアガリ。6000オールで頭一つ抜けたトップ目に立つ。

しかし直後に南家・東城が松本からハネマンを直撃。以降、東城が4局連続加点するなどして萩原を逆転。オーラスは、東城が萩原に2200点差をつけてのトップ目で迎える。

8巡目に、東城がターツ選択で薄くなった【1マン】【4マン】を嫌って【3マン】に手をかけると、松本からロンの声がかかる。タンヤオ・ドラ2・赤1(ドラ【5マン】)のカン【3マン】待ちにストライク。

この8000点の放銃で東城は2着に陥落。萩原が個人2連勝となるトップを手にした。

萩原はインタビューで、

「途中までたぶん僕と東城さんには手が入って、(他の)2人は苦しいんだろうなっていう展開なんですけど、なかなかその(手が入っている)2人も即リーチ! みたいな展開にならなかったんですけど…。いやでも、ラッキーっていいもんですね! 生きてるといいことあるなぁ、うん」

と語った。

【Result】
1着 萩原聖人・雷電 4万200点/+60.2
2着 東城りお・フェニックス 3万4400点/+14.4
3着 二階堂亜樹・風林火山 2万9400点/▲10.6
4着 松本吉弘・ABEMAS ▲4000点/▲64.0

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +309.8(50/94)
2位 EX風林火山 +238.2(52/94)
3位 渋谷ABEMAS +218.3(52/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +195.0(52/94)
5位 U-NEXT Pirates +63.9(50/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲196.2(50/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲379.5(52/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲449.5(50/94)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvsフェニックスvs雷電 

詳細情報
EX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊