多井隆晴、緩急自在のパーフェクトゲーム!! ABEMAS、600Pの大台にのせて、奪完全優勝宣言!!

多井隆晴、

緩急自在のパーフェクトゲーム!!

ABEMAS、600Pの大台に

のせて奪完全優勝宣言!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕86日目、第1戦は多井隆晴渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。全11局中、6局のアガリを決めた多井が6万点オーバーの大トップで6勝目をゲット。ABEMASは600ポイントオーバーに伸ばし、多井からは完全優勝宣言がとびだした。

第1戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾TEAM雷電萩原聖人、そして多井の4名。

東1局、起家・多井と北家・堀のいきなり上位チームのリーチ合戦。と思いきや、南家・萩原が3軒目として参戦。タンヤオ・赤1の待ちで追いかけて、多井からを一発で討ち取る。8000点のアガリでまずは萩原がリード。

しかし現役最強と謳われる多井、次局の萩原の親番で8巡目に先制リーチで逆襲に出る。待ち、ピンフ・高めタンヤオかつイーペーコー。2巡後に高めをツモってウラドラが。3000・6000で即座に失点をリカバリ。

南1局、トップ目は堀、多井は2着目で迎えた親番。9巡目にピンフ・ドラ1・赤2の待ちをテンパイした多井。ヤミテンにしていたところ、萩原からリーチが掛かかって追いかけリーチを敢行。そしてを一発ツモ! 6000オールで、多井が一気に突き抜ける。

同1本場では、メンゼンチンイツのツモアガリで、さらに6000オールを上乗せし、圧倒的リードを築く。

南3局には、ピンフタンヤオ・ドラ2・赤1のヤミテンを萩原から仕留めてダメ押しのマンガンを追加。

オーラスは、ラス抜けを図る萩原のリーチをかいくぐり、3着目の滝沢が萩原を返り討ちに。ピンフタンヤオイーペーコー・赤1の8000点で滝沢が3着をキープ、萩原を箱下に叩き落とした。

多井はインタビューで、

「東1局はアガれると思ってたんですけど、一発放銃かい!と、今日も苦しいなと思ってました。道中工夫して自分なりに一所懸命がんばりました。自分たちのチームのプラスだけを考えて、最後まで完全優勝しようと思ってます」

と語った。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 6万7800点/+87.8
2着 堀慎吾サクラナイツ 2万5100点/+5.1
3着 滝沢和典・風林火山 1万3500点/▲26.5
4着 萩原聖人・雷電 ▲6400点/▲66.4

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +606.4(85/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +322.3(85/90)
3位 EX風林火山 ▲52.4(85/90)
4位 赤坂ドリブンズ ▲87.7(86/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲115.0(86/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲205.0(86/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲224.0(86/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲244.6(85/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsABEMASvs雷電」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
3月5日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:杉浦勘介
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!