黒沢咲、持ち前の高打点力をいかんなく発揮!! 雷電1日2連勝!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

黒沢咲、持ち前の高打点力を

いかんなく発揮!!

雷電1日2連勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の63日目、第2戦は黒沢咲TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。東場の親番で高打点のアガリを3連続で決めた黒沢が快勝。雷電は1日2連勝でポイントを3桁に乗せた。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗セガサミーフェニックス茅森早香、そして黒沢の4名。

拮抗する状況を破ったのが黒沢。東4局の親番で、伊達のリーチに追いかけてチートイツ・赤1を討ち取って9600点。1本場ではピンフタンヤオをリーチ・一発・ツモの4000オール。さらに2本場には、タンヤオ・赤2の16巡目リーチをまたも一発ツモ。6000オールを上乗せして、一気に7万点オーバーの雲上人に。

その後、黒沢は南3局に二階堂の早いダマテンタンヤオ三暗刻・赤2に放銃するも、トップの座を明け渡すことなくゴールイン。

オーラスは茅森が3着確保のアガリを決めて試合終了。雷電が1日2連勝の躍進を遂げた。

黒沢はインタビューで、

「チームに悪い流れが続いていたので気合い入れようってことで、瀬戸熊さんが今日は2連勝だよ! って言ったのに1回戦ラスじゃんって思ってたら、奇跡のような大逆転をしてくれたのでこれは頑張るしかないなって思ってたんですけど、12000を打ってからはかなりヒヤヒヤしながら打ってました」

と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 4万9900点/+69.9
2着 二階堂亜樹・風林火山 2万8500点/+8.5
3着 茅森早香・フェニックス 1万8200点/▲21.8
4着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 3400点/▲56.6

【Total】
1位 EX風林火山 +467.7(64/94)
2位 U-NEXT Pirates +309.2(62/94)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +252.9(64/94)
4位 渋谷ABEMAS +189.8(62/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 108.7(64/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲191.4(62/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲492.9(64/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲644.0(62/94)

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山
KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ書籍/