瀬戸熊直樹、オーラスの大逆転!! 超僅差の接戦を制して、雷電地上に復活!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

瀬戸熊直樹、

オーラスの大逆転!!

超僅差の接戦を制して

雷電、地上に復活!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の63日目、第1戦は瀬戸熊直樹TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。オーラスをラス目でむかえた瀬戸熊が、高宮から出た僥倖のリーチ棒で一気にトップまで突き抜けるツモアガリで大逆転劇を演じてみせた。

第1戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりセガサミーフェニックス魚谷侑未、そして瀬戸熊の4名。

四家僅差での南1局1本場、リーチの勝又から西家・高宮が喰いタンヤオの1000点を出アガリ。高宮が微差ながらトップ目に立つ。

しかし次局、勝又が再びリーチ。この4巡目リーチを交わすすべなく、瀬戸熊が放銃。ピンフ・ウラ1の3900点で勝又がトップ目に。

オーラス1本場は勝又・3万200点、ラス目の瀬戸熊が1万7500点で迎える。親の勝又にタンヤオ・ドラ1のヤミテンが入る。瀬戸熊は11巡目にドラ1・赤1の【2ピン】【5ピン】待ちでリーチをかける。マンガンをツモれば高宮をかわして2着まで浮上できる。同巡、その高宮から追いかけリーチがかかり、瀬戸熊が【2ピン】を一発ツモ! 高宮のリーチ棒で、勝又を700点かわして瀬戸熊がトップまで突き抜けた。

瀬戸熊はインタビューで、

「道中ばたばたして”またラスか…”と思って、手が入ってないのもあったけど、自分でミスショットもしてたんで内容よくないと思ってたんですけど、最後ファンの方の応援とチームメイトの熱い声援で、たぶん勝たせてもらったと思ってます」

と語った。

【Result】
1着 瀬戸熊直樹・雷電 2万6800点/+46.8
2着 勝又健志・風林火山 2万6100点/+6.1
3着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 2万4200点/▲15.8
4着 魚谷侑未・フェニックス 2万2900点/▲37.1

【Total】
1位 EX風林火山 +459.2(63/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +309.5(63/94)
3位 U-NEXT Pirates +309.2(62/94)
4位 渋谷ABEMAS +189.8(62/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 38.8(63/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲191.4(62/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲471.1(63/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲644.0(62/94)

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山
KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/