ASAPINの「超頭脳何切る」Q21





押し引き2

アガリトップのオーラス。
下家のリーチを受けてイーシャンテンだったが、上家からポンテンを取れるman2-66-90-s-embが打たれた。
ポンしてman3-66-90-s-embを切ればテンパイだが、下家のリーチ宣言牌はman5-66-90-s-emb
さてどうすべきか?
Q21

回答はコチラ





















asappin_color
ASAPINの回答

ポン打man3-66-90-s-emb

オリるとほぼ2着は安泰。aka1-66-90-s-embを切った後のリーチ宣言牌man5-66-90-s-embのリーチに対してのman3-66-90-s-emb。非常に危険度が高い場面ですが、それを差し引いても10−30のウマがあればトップを取りに行くギャンブルをしてもよいかと思います。
上家の親は非常にオリにくい点数状況であり、ノーテンで流局終了するパターンは滅多にないと思ってよいかと思います。たとえケイテンでも流局が近づけばゼンツッパしてくる場面です。となるとオリてのトップは考えにくく、ほぼ2着で順位点が+10。
押した場合は放銃率=アガリ率であればトップ・3着の順位点が+50、−10なので、それぞれ足し、2で割ると平均結果が+20。
押したことによって結果が変わる場合、その結果の平均を取ると順位点が平均+20もらえることになります。
素点の差もありますが、放銃率=和了率であれば勝負した方がいい場面と言えます。放銃率:アガリ率=2:1でも素点を無視すれば2着と同じ期待値です。それならば、さすがに押した方が良さそうですね。

ASAPINの自信度 90%

 

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • 麻雀店検索サイト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です