勝又健志、隙のない試合回しで完勝!! 風林火山、2位奪還!!【Mリーグ2022-23 / セミファイナル 】

勝又健志、隙のない

試合回しで完勝!!

風林火山、2位奪還!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞 Mリーグ2022-23 セミファイナル」の8日目、第2戦は勝又健志EX風林火山)が、トップを獲得。攻めに攻めた勝又が、東場の親番で一発ツモのハネマンを引き当て、悠々のトップ。風林火山はトータル2位に浮上した。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗U-NEXT Pirates鈴木優、そして勝又の4名。

東2局、東家・伊達のリーチに、ドラ2・赤1のカン【6ピン】待ちで追いかけた西家・勝又。首尾よく伊達から討ち取って8000点。勝又が頭に立つ。

東4局、親の勝又はカン【4ピン】待ちのイーペーコー・ドラ1をヤミテンに構える。すると鈴木からリーチが入り、伊達が【東】の対子に手をかける。次巡に勝又が手替わり、【東】【5ピン】のシャンポン待ちにチェンジ。伊達の2枚めの【東】が捕まって7700点。勝又がリードを広げる。

同1本場、勝又についに本手が入る。7巡目リーチを一発ツモ。ピンフ・ドラ1・赤1の6000オール! このアガリで勝負あり。最後は鈴木があっという間に2着を決める【中】バックの2000点をアガって試合終了。勝又が1戦目の二階堂のラスを瞬時に取り返し、風林火山は2位に浮上した。

勝又はインタビューで、

「ずっと3着が続いてて1戦前は4着だったんで、1つトップを取ってポイントを戻すことができたのはよかったと思います。残り8戦、ファイナルに向けてはトップ1回ラス2回は行けると思いますが、もちろん目標は優勝ですのでセミファイナルでも1ポイントを大切に、自分たちらしい麻雀でせいいっぱいがんばりたいと思います

と語った。

【Result】
1着 勝又健志・風林火山 5万3200点/+73.2
2着 鈴木優・Pirates 2万5400点/+5.4
3着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 1万5200点/▲24.8
4着 内川幸太郎サクラナイツ 6200点/▲53.8

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +196.0(10/20)
2位 EX風林火山 +168.8(12/20)
3位 TEAM RAIDEN / 雷電 +155.3(10/20)
4位 渋谷ABEMAS +66.1(10/20)
5位 U-NEXT Pirates +4.5(12/20)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲46.2(10/20)

朝日新聞 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsPirates

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/