シミュレーションしながら試合を振り返り! Mリーガー“勝負所”何切る6選【Mリーグ2020観戦記12/17】担当記者:ゆうせー

シミュレーションしながら

試合を振り返り!

Mリーガー“勝負所”

何切る6選

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2020年12月17日

第1試合

東家 二階堂亜樹(EX風林火山)

南家 和久津晶(セガサミーフェニックス)

西家 多井隆晴(渋谷ABEMAS)

北家 黒沢咲(TEAM雷電)

解説 土田浩翔  実況 小林未沙

この試合では、特に印象に残ったMリーガーの選択を問題形式でお届けします。各Mリーガーならどうするのか?また、皆様は何を切るのか?と考えながら読み進めていただけたら幸いです。僭越ながら筆者のオススメも添えておくことにいたします。

 

第1問

東1局、ドラは。4巡目にをツモって何を切る?

 

   ③その他の牌

 

和久津の選択は、

②打であった。

巡目も早いことからシャンポン受けも残して目一杯に。

ドラがなだけに、ドラ受けのリャンメン固定も考えられる場面だったが、受け入れ枚数と速度を重視した選択だ。

【考察】

この手は打として目一杯に構えておくと、ツモでもテンパネする。その場合リーチツモで700-1300。

まだ巡目も早いことから、シャンポンの受けも残して自身のテンパイまでの速度を最大限にするのがいいと考える。

筆者のオススメ…打

結果は、

次巡、をアンコにしてテンパイ!

ポニーテールをなびかせて、気合満点の速歩で入場した和久津。その勢いのままにリーチを繰り出し、

をツモ!リーチツモ赤裏、和久津の2000-4000のツモアガリでこの半荘は幕を開けた。

 

第2問

東2局の5巡目、多井の手牌。を引いてきて何を切る?各者の河も見て、判断していただきたい。

 

  ③その他の牌

 

多井の選択は、

②打であった。

対面の北家亜樹が、早くも自風のドラを切り出している。多井はの受け入れと引き換えに安全牌のを抱え、亜樹の攻撃に備えたのだった。

【考察】

1枚切れであるが埋まっても、この手はリーチのみになってしまう。亜樹の安全牌があれば話は違ってくるが、三色コースに乗ったら勝負、それまでは守備も怠らない。というのが安定感のある選択ではないだろうか。

筆者のオススメ…打

多井の手がどうなったのかを見ていく前に、今度は亜樹の手も見てみよう。

 

第3問

同じ東2局、亜樹は9巡目にチートイツのテンパイを入れる。

どうする?

 

①打ダマ ②打リーチ ③打ダマ ④打リーチ

 

亜樹の選択は、

①打ダマだった。

ソウズが高く、マンズが安いこの場況。待ちにするならの方に魅力がある。そしてダマにしたのは、

この変化があるからだ!引きで、これもまた景色のいい待ちリーチをかけることが出来る!

【考察】

河から判断してがよさそうとはいえ、リーチをしても出やすい牌ではない。もまた同様だ。それならばダマテンがいい。そしてリャンメン変化したときに、

のようにを残して待ちになるよりも、亜樹がリーチをかけたときのようにを残してマンズ待ちになるほうが優秀だろう。

筆者のオススメ…打ダマ

亜樹の一人旅かと思いきや、

和久津からもリーチが飛んでくる!

このとき多井は、

を引いてダマテンに構えていた!警戒しながら手を進めていた甲斐があるというものだ。二人リーチに悠然とオリていく。

この局の結末は、

亜樹のツモアガリだ!リーチツモイーペーコー赤裏。2000-4000のツモアガリ。

手変わりを的確にとらえた、見事なアガリであった。

返す刀で、

東3局も亜樹のツモピンフ、400-700のツモアガリ。

 

第4問

東4局、多井に勝負手が入る。

を手出ししたあとにをツモってきて…

 

ツモ切り 手出し ③その他の牌を切る

多井の選択は、

手出しだった。

に続けてを手出しすることで、受けを丸々嫌ったように見せるのが狙いだろう。

【考察】

難問。ターツがないように見せるだけなら、をツモ切った方が良いように思う。が、「逆にからを切って、を引いたのなら普通ツモ切るでしょ」という読みを逆手にとって、多井はあえて手出しをしたように感じる。

この手の場合はを続けて並べておくと、最終手出しがかなりの確率でになるのでチートイツではないかと周りを誤認させる効果もある。を手出しする方がいいのではないだろうか。

筆者のオススメ手出し

その局の亜樹、

6巡目にこの形のホンイツイーシャンテン!は2枚切れ、は1枚切れ、はション牌(0枚見え)だ。

ここは打とした。

直後にが和久津から打たれた!さぁ亜樹はどうする?

 

第5問

 

①ポン! ②スルー! ③その他

 

亜樹は、

②スルーした!

解説の土田がインタビューした際に、親の黒沢への受けも考えてメンホンチートイツを選択した、という意図を語ってくれたそうだ。

をポンしても2枚しかその瞬間のアガリ牌はない。またペンやカンに手変わりしても、ドラそばなので待ちとしては苦しい。そのあたりのアガリにくさもスルーにつながったようである。

【考察】

確かに待ちは少ないし苦しいが、この巡目のホンイツチャンタの満貫テンパイはとった方がいいのではないだろうか。

メンホンチートイツはテンパイしても最大3枚待ち。しかもイーシャンテンからテンパイするまでの受け入れは最大9枚だ。それならばこのタイミングで2枚待ちテンパイを入れられるのは魅力的だ。

守備面に関しては、仕掛けても字牌がたっぷりなので不安は少ないだろう。

筆者のオススメ…ポン

そして、7巡目、

多井からリーチがかかる。

これを受けた黒沢、

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!