滝沢和典、四暗刻一発ツモ!! 首位ABEMASを猛追!!【Mリーグ2022-23 / ファイナル 】

滝沢和典、

四暗刻一発ツモ!!

首位ABEMASを猛追!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2022-23 ファイナル」の6日目、第1戦は滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東場の親番でのリーチ一発ツモ四暗刻の一撃で、滝沢が怒濤のごとく点棒をかき集め、麻雀格闘倶楽部は2位に浮上した。

第1戦の対局者は、EX風林火山松ヶ瀬隆弥渋谷ABEMAS白鳥翔TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人、そして滝沢の4名。

東4局、滝沢の親番、現在のトップ目は白鳥。先制リーチを放ったのは萩原。6巡目にドラ1のカン【7ソウ】待ち(ドラ【8ソウ】)。4巡後に追いついたのが滝沢。【5マン】【8ピン】のシャンポン待ちのツモリ四暗刻、しかもタンヤオ

滝沢は牌山に2枚の【8ピン】を一発ツモ。16000オールのアガリで一気に試合を決めた。


▲ファイナル初の役満は滝沢の四暗刻

滝沢はインタビューで、

「(役満をツモる前は)ちょっと緊張しましたね。東場だからあまり緊張しなかったと思うんですけど、南場になったら急にたぶん震えが来たっていうぐらい’うわきた〜’って思いましたね。萩原さんのリーチを受けて、ドラ周りの【6ソウ】を引っぱっちゃってこれが当たってたらけっこう恥ずかしいな、というか良くないなっていう…。入り目!? あぶな! たぶん控室がぎゃーぎゃーなってたと思います(笑)」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 6万3800点/+83.8
2着 白鳥翔・ABEMAS 1万4200点/▲5.8
3着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 1万3600点/▲26.4
4着 萩原聖人・雷電 8400点/▲51.6

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +284.7(11/16)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +238.0(11/16)
3位 TEAM RAIDEN / 雷電 +114.9(11/16)
4位 EX風林火山 ▲185.8(11/16)

朝日新聞 Mリーグ2022-23 ファイナルシリーズ6日目 

詳細情報

■公式MリーグTwitter

https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:朝倉康心
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞 Mリーグ2022-23 ファイナルシリーズ6日目

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ書籍/