【 #神域リーグ2023 第三節第9試合観戦記】ひとひらの桜が舞い落ちた ゼウスが誇る桜姫 桜凛月の奮闘【文 #後藤哲冶 】

南2局、一片(ひとひら)の
桜が舞い落ちた
ゼウスが誇る桜姫
桜凛月の奮闘劇

第8試合の観戦記を読んでいない方は、是非そちらに目を通してから本記事を読んでいただくと、流れがわかりやすいかと思う。

【 #神域リーグ2023 第三節第8試合観戦記】あなたの欲しい牌、頂きます 大怪盗ルイスキャミ―が 昨年のチームエースに挑んだ結果【文 #後藤哲冶 】

面倒だ! という方のために簡単に説明をしておこう。
第8試合試合に臨んだチームゼウスのルイス・キャミ―は、多くの巧手を打ちながら、ラスに沈んだ。

悲しみと共に控室配信に帰って来たルイスを慰めたのは、彼女の姉でもある桜凛月。
この日最後の試合を、桜が任されている。

「よくもルイスをー!」

妹の仇をとるのは、私。
しかしその目標を達成するには、あまりにも大きな壁が立ちはだかった。

第9試合
東家 松本吉弘  (チームヘラクレス)
南家 桜凛月   (チームゼウス)
西家 歌衣メイカ (チームアトラス)
北家 白雪レイド (チームアキレス)

言わずとしれた、今年のMリーグ覇者、松本吉弘プロ。
本日絶好調で3連投に打って出てきた実力者、白雪レイド。
昨年MVP。神域では無類の強さを発揮する漢、歌衣メイカ。

普通なら挑むのにすら緊張しそうな戦いの前でしかし。

「よろしくお願いします!」

桜はいつも通りだった。
この大舞台で、いつも通りを貫くのは簡単ではない。
まずは気持ちの部分で、気おくれしないことが大事。
桜の挑戦が始まった。

東1局、この桜の挑戦は、困難極まる旅路となる。

まず、親の松本から早々にリーチが入り、更には歌衣からも追っかけリーチ。
その直後に、桜は追い付いた。
しかし、待ちの【5マン】【8マン】が残り少ない。【8マン】は全て無くなり、【5マン】は3枚ある表示にはなっているが、ど真ん中の【5マン】を誰も使っていないというのは考えにくい。

事実、この時【5マン】はもう残り1枚だった。
この残り1枚に全てをかけるのは、親とそこに追っかけてきた相手には危険すぎる。
第一、出ていく【2マン】は歌衣には通っていない。

桜はここは【7マン】を切ってのオリを選択。
しかし。

無慈悲に河に並ぶ【5マン】
流石にそれは捉えられない。

そしてほどなくして松本がツモ。
高目の【3マン】ツモは6000オールの大きすぎる加点だ。

続く1本場は、高打点の種はできながらも、テンパイまでは果たせず。
ここもノーテン罰符での失点となってしまう。

東2局

親番を迎えた桜だったが、本日絶好調の白雪から早すぎる2巡目リーチ。
そこに対応しつつ進めていると、カン【5ピン】を引いて思いもよらぬテンパイ。

これを桜はダマテンに構えた。
現状役はない。他者からのロンができないので、親だしリーチ、と乱暴に行きたくなるものだがグッとこらえた。
ツモるならそれでよし、そしてドラの【4マン】【8マン】などの良形変化牌を引いてきたら――

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/