「親番する?しない⁇」黒魔術師・石橋伸洋が選んだ運命のルート【熱論!Mリーグ】

 

そして、手からまだ生きている役牌、さらにはソウズの数牌を余らせることによって、

『ソウズのホンイツいいところまでいってるよー、テンパってるかもよ…』という情報を与える。

 

警戒してくれたら儲けもの。もちろん相手の手によるので全員に効くわけではないが、うまくいくと相手の手を破壊することの出来る、まさにドス黒い魔術である。

 

さて、効くのだろうか…?

 

おや?滝沢のようすが…

 

この手格好からをつかんだ親番の滝沢、

 

をとめて打

 

さらに、

 

もとめて打。完全に魔術にかかってしまった。

 

悪い手牌も、このように誤情報として活用するすべがあるのだ。石橋伸洋、恐るべし。

 

東2局3本場

 

ここまでは、魔術をものともしなかった完全武闘派モードの松本が大量のリードを広げる展開。

 

この局、石橋に先制テンパイが入る。

 

6巡目、ピンフのテンパイ。待ちは両面だからリーチか…

 

と、思いきや石橋はダマを選択。これは全員の河を見てみよう。

 

松本

茅森

石橋

滝沢

 

石橋がダマを選択した理由としては、

 

を切っている人が2人いるので、ダマならば2人はを切ってくれる可能性が高い。

が序盤に切られていることから、は手に持たれている可能性が高く、山にが薄いと読める。

③自分がリーチをしても簡単に出る待ちではない。

 

リーチをしたところで決め手にはならないこの手。山にも薄そうなのでダマにしてこぼれるのを待ち、アガリの可能性をMAXにしたのではないだろうか。

 

結果は…

 

この手格好の茅森からが打たれて石橋のアガリ。

 

石橋がリーチをしていた場合には茅森はを打たなかっただろう。このような読みの鋭さも石橋の魅力だ。

 

しかし、このあと石橋はダンラスになってしまう。にもかかわらず、南場の配牌がひどいのなんの。

 

南1局

この記事のタイトルとURLをコピーする