どんなに罵倒されても、心を折られそうになっても、萩原聖人はここにいる!【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

どんなに罵倒されても

心を折られそうになっても

萩原聖人はここにいる!

文・花崎圭司【月曜担当ライター】2018年12月3日

師走。12月に入り、寒さも本格化してきました。

そして日曜の「熱闘!Mリーグ」を見ていたらとんでもない風景が。

ビキニでギターって! じゃいさんのリーゼントのボケがかすむぐらいのインパクト!

ミュージシャン兼グラビアアイドルの藤田恵名さん。

知る人ぞ知る「ミスiD」出身なのですね。覚えました。いや、この姿をされたら覚えざるをえません。

「年末年始、みなさんどう過ごしますか?」みたいな話をしようと思ったのですが「熱闘!Mリーグ」が強烈だったので、この話からになりました。

というわけでMリーグも12月期に入りました。

チーム成績、個人成績の変動もあり、Mリーガーの個性も見えてきて面白くなってきました。

その中で、ひとり今の状況を面白くないと(推測ですが)思っている人がいます。

萩原聖人プロです。

萩原聖人“プロ”、という響きも、いまだ慣れない部分があります。

萩原さんはむしろ「プロなにするものぞ」という考えだったと思います。

それが今年7/21に日本プロ麻雀連盟に入り、8/7にMリーガーとなりました。

つまりプロ歴5ヶ月のオールド・ボーイなのです。

彼がどこまでプロで通用するのか?

萩原が麻雀をしている姿は、麻雀ファンなら一度は見たことがあると思いますが、それがどこまで通用するのか?

プロ歴が浅い、という点ではASAPINこと朝倉康心プロも今年3/2に最高位戦プロ麻雀協会に入っているので同じです。

ただ朝倉はネット麻雀で名を知られ、さらにアマチュアの頃からプロに勝ち、「麻雀」で有名になりました。ASAPIN最強説を唱える人も多くいます。

つまり麻雀ファンは萩原には疑問符を持ち、朝倉には歓迎のムードがありました。

そして実際はどうか?

朝倉は42.5ptで21人中9位。

萩原は-253.5ptと21人中21位。

萩原は断然の最下位、ダンビリである。

対局中の視聴者コメントでは萩原を悪くいう言葉が並ぶ。

プロだから、結果を出すのが使命である。

なので、このポイントで非難されるのはごく当たり前、いたしかたないことだが、その言葉をいっていいのは、萩原が所属するTEAM雷電のサポーターだけかと思う。

他のチームのサポーターは、ラッキーと思うのが自然なのではないだろうか。

TEAM雷電は瀬戸熊直樹が個人成績2位、黒沢咲が3位。この2人の貯金を、萩原が1人で食い尽くしているのである。

もちろん「自分はどこのサポーターでもない。いち麻雀ファンだ」、という人もいるはずだが、だとしてもコメントの言葉が悲しいぐらい汚い。リスペクトがない。

日本のサッカーの底上げとなったJリーグも今年で25年。その初年度は「ブラジル帰りでサッカーがうまいらしい」ぐらいの認識だった三浦知良、「海外ですごい人らしいよ」ぐらいの認識だったジーコ。でも派手な演出と、カズのシザーズ・ドリブル、ヴェルディのカズがPKを蹴る前、アントラーズのジーコがやった行動による因縁。そういったものがJリーグの盛り上がりに貢献していった。

詳しくはわからないけど、面白い。

ピッチに22人いるけど、知っているのは3人ぐらい。でも面白い。

そんなJリーグサッカーの面白さを引き出してくれたのは、海外選手がいてくれたことが大きい。

Mリーグでその存在なのが、萩原聖人だ。

麻雀のためにMリーグに参加することを決意し、Mリーグに参加するためプロになり、テレビなど出演するときはMリーグの話をし、広告塔となってくれている。そして、それが唯一できる選手が彼だ。

「雷電の麻雀は面白いですよ」

そう語り、今までは考えられなかった“顔にチームカラーのペイント”をして対戦したり(もちろん他の対局者への邪魔にならない程度のペイント)、自ら盛り上げ役をかってでている。

ペイントという発想は、Mリーグを盛り上げようと思うなら、思いつく。

他のチームはそういった面で盛り上げようと思ったのだろうか?

そして思いついたなら、それを実行しようと思ったのだろうか?

その両方ができたのがTEAM雷電であり、萩原聖人なのである。

もう一度言う。

今の成績に一番悔しく、ふがいないと思っているのは萩原聖人である。

今の位置から脱出するために、チームと仲間の2人のために、そして雷電サポーターのために彼はもがきながら麻雀牌を摸打している。

Mリーグ第34節 第1回戦

座り順は

東家・萩原聖人(TEAM雷電)

南家・朝倉康心(U-NEXTパイレーツ)

西家・茅森早香(セガサミー・フェニックス)

北家・鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)

萩原の雀風といえば、「メンゼン派」「手役派」というイメージである。

数学で「四色問題」というのがあるが、麻雀の世界には「三色問題」がある。

「必然」として三色を狙うか、「偶然」の産物としてできるものか。

萩原は前者のイメージがある。三色スミレではないが、三色同順は麻雀の花、役満は麻雀の華である。

南3局3本場 供託1本 ドラ

萩原は3着。トップの朝倉とは13600点差。本場も積み棒もある。ここをアガればオーラスでのトップ条件がかなり緩やかになる。

ドラのを持つ萩原、3巡目に2枚目のを鳴く。

さらに5巡目。

手牌で唯一のトイツであるをポン。このポンを萩原はしない印象があった。雀頭よりメンツを多く作っていく作戦だろうか。

上家の鈴木たろうがリーチを掛ける。

そして12巡目、

たろうがを切る。

その時の萩原の手牌は、

ここでを鳴けばテンパイを取れる。でもそれをしなかった。

コメントでは「なぜ鳴かない?」という疑問のコメントが多く流れた。

「2回鳴いたならチーテン取れよ」

「これを鳴かないから弱いんだよ」

実際はもっと汚い言葉が流れた。

場にが1枚切れているが、を切ってダブの可能性がある。

が場とドラ表示牌で3枚見えている。この順目でこの状況であれば、ひとりがメンツ手、もうひとりがトイツでを持っている可能性がある。

理由はいろいろ考えられるが、チーテンを取る「鳴く理由」があるように、「鳴かなかった理由」が萩原にはあるはずだ。

結果はたろうが満貫をツモ。

厳しい状況でオーラスを迎えるが、ひとつでも着順を上げるために萩原は戦う。

 

南4局 ドラ

朝倉は対局前、ドリンク剤を飲むことで知られているが、トップ目のオーラス、朝倉はニトロチャージをして爆速モード。

を鳴き、アガリへの最短距離を走る。

萩原はトップとは13600点差のままだが2着のたろうとは6000点差。個人の萩原ならハネ満を狙うだろうが、For the “TEAM RAIDEN” もらった手牌を見て、まずは2着への道筋を考える。

7巡目の萩原の手牌

自分にこんな手がきたらなにを切ればいいのか、ピンズがどうなるのかわからないのでを切って、にくっつけばいいかなと思ってしまうが、萩原は打

解説の白鳥翔プロ(初心者にやさしい解説で嬉しい)が言っているが、(4567)の連続形があるので2389の4種が有効牌となり、(38)を持ってくれば三面張のリーチを掛けられる。

というわけで萩原は

を切る。

そして次巡持ってきたのが、

萩原は、天を仰いだ。

萩原はを切る。このを生かすと決めた。

次巡、

を引き戻す。

より上へ。

萩原はを切り、リーチを掛けた。

結果は、流局。萩原は7回目のラスとなり、個人トータルポイントが-303ptと300アンダーとなってしまった。

私のような者がいうのもおこがましいが、萩原聖人さんにやってほしいことがある。

ぜひ、Mリーグの解説をしてほしい。

そこで萩原聖人の思考を知りたい。

いまTEAM雷電はファイナルシリーズ、優勝決定戦のボーダーにいる。

優勝決定戦になれば、条件が変わり、気持ちも変わるだろう。

今年のプロ野球で日本一を獲った福岡ソフトバンクホークス。そのMVPに輝いた甲斐拓也捕手は打率143、本塁打0本だが6連続捕殺でホークスの力となった。萩原プロにも特化した力がある。萩原キャノン、萩原バズーカがある。

あともうひとつ。

もしTEAM雷電に萩原じゃなくて別のプロだったら、もっと上にいっていたのではないか、と考える人もいるだろう。

それは違う。

この3人だからTEAM雷電であり、このメンバーでなかったら、瀬戸熊も黒沢も今の位置にいないだろう。

なぜなら、

「雷電の麻雀は、面白いですよ」

Mリーグ最強のキャッチコピーを作ったのは、萩原聖人だからだ。

この言葉は、日を増すごとに重くなり、価値は上がっていく。

このセリフをヒーローインタビューで聞く時が、楽しみでしかたがない。

この気持ちは萩原ファンも、アンチ萩原も同じ気持ちだろう。

みんな、萩原聖人を見ている。

だから、萩原聖人はここにいるのだ。

 

花崎圭司(はなさきけいじ)

放送作家・小説家・シナリオライター。映画化になった二階堂亜樹の半生を描いた漫画「aki」(竹書房刊)の脚本を担当。

(C)AbemaTV