どんなに罵倒されても、心を折られそうになっても、萩原聖人はここにいる!【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

どんなに罵倒されても

心を折られそうになっても

萩原聖人はここにいる!

文・花崎圭司【月曜担当ライター】2018年12月3日

師走。12月に入り、寒さも本格化してきました。

そして日曜の「熱闘!Mリーグ」を見ていたらとんでもない風景が。

ビキニでギターって! じゃいさんのリーゼントのボケがかすむぐらいのインパクト!

ミュージシャン兼グラビアアイドルの藤田恵名さん。

知る人ぞ知る「ミスiD」出身なのですね。覚えました。いや、この姿をされたら覚えざるをえません。

「年末年始、みなさんどう過ごしますか?」みたいな話をしようと思ったのですが「熱闘!Mリーグ」が強烈だったので、この話からになりました。

というわけでMリーグも12月期に入りました。

チーム成績、個人成績の変動もあり、Mリーガーの個性も見えてきて面白くなってきました。

その中で、ひとり今の状況を面白くないと(推測ですが)思っている人がいます。

萩原聖人プロです。

萩原聖人“プロ”、という響きも、いまだ慣れない部分があります。

萩原さんはむしろ「プロなにするものぞ」という考えだったと思います。

それが今年7/21に日本プロ麻雀連盟に入り、8/7にMリーガーとなりました。

つまりプロ歴5ヶ月のオールド・ボーイなのです。

彼がどこまでプロで通用するのか?

萩原が麻雀をしている姿は、麻雀ファンなら一度は見たことがあると思いますが、それがどこまで通用するのか?

プロ歴が浅い、という点ではASAPINこと朝倉康心プロも今年3/2に最高位戦プロ麻雀協会に入っているので同じです。

ただ朝倉はネット麻雀で名を知られ、さらにアマチュアの頃からプロに勝ち、「麻雀」で有名になりました。ASAPIN最強説を唱える人も多くいます。

つまり麻雀ファンは萩原には疑問符を持ち、朝倉には歓迎のムードがありました。

そして実際はどうか?

朝倉は42.5ptで21人中9位。

萩原は-253.5ptと21人中21位。

萩原は断然の最下位、ダンビリである。

対局中の視聴者コメントでは萩原を悪くいう言葉が並ぶ。

プロだから、結果を出すのが使命である。

なので、このポイントで非難されるのはごく当たり前、いたしかたないことだが、その言葉をいっていいのは、萩原が所属するTEAM雷電のサポーターだけかと思う。

他のチームのサポーターは、ラッキーと思うのが自然なのではないだろうか。

TEAM雷電は瀬戸熊直樹が個人成績2位、黒沢咲が3位。この2人の貯金を、萩原が1人で食い尽くしているのである。

もちろん「自分はどこのサポーターでもない。いち麻雀ファンだ」、という人もいるはずだが、だとしてもコメントの言葉が悲しいぐらい汚い。リスペクトがない。

日本のサッカーの底上げとなったJリーグも今年で25年。その初年度は「ブラジル帰りでサッカーがうまいらしい」ぐらいの認識だった三浦知良、「海外ですごい人らしいよ」ぐらいの認識だったジーコ。でも派手な演出と、カズのシザーズ・ドリブル、ヴェルディのカズがPKを蹴る前、アントラーズのジーコがやった行動による因縁。そういったものがJリーグの盛り上がりに貢献していった。

詳しくはわからないけど、面白い。

ピッチに22人いるけど、知っているのは3人ぐらい。でも面白い。

そんなJリーグサッカーの面白さを引き出してくれたのは、海外選手がいてくれたことが大きい。

Mリーグでその存在なのが、萩原聖人だ。

麻雀のためにMリーグに参加することを決意し、Mリーグに参加するためプロになり、テレビなど出演するときはMリーグの話をし、広告塔となってくれている。そして、それが唯一できる選手が彼だ。

「雷電の麻雀は面白いですよ」

そう語り、今までは考えられなかった“顔にチームカラーのペイント”をして対戦したり(もちろん他の対局者への邪魔にならない程度のペイント)、自ら盛り上げ役をかってでている。

ペイントという発想は、Mリーグを盛り上げようと思うなら、思いつく。

他のチームはそういった面で盛り上げようと思ったのだろうか?

そして思いついたなら、それを実行しようと思ったのだろうか?

その両方ができたのがTEAM雷電であり、萩原聖人なのである。