たろうくんと賢くん、赤坂ドリブンズの“年の瀬猛ドリブル!”【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

たろうくんと賢くん

赤坂ドリブンズの

“年の瀬猛ドリブル!”

文・ZERO【火曜担当ライター】2018年12月18日

 

大混戦だ。

トップ・ラスで約100pt変わるので、野球でいう1ゲーム差=100ptと考えるとしよう。すると終盤に差し掛かっているにもかかわらず、7チームが4.5ゲーム差にひしめき合っていると言える。そんな中、本日躍進したチームがある。

赤坂ドリブンズだ。今回は陽気なおじさん3人衆であるドリブンズの思考を徹底研究していこうと思う。

先発は鈴木たろう

 

開局にドラ3枚のチャンスを手にする。

たろうはこの配牌から打

メンゼンリーチが近くに見えるときは、役牌から切りだすことをドリブンズの3人は徹底している。

にくっつくよりも、役牌重なり逃す方が痛くない?」

という疑問を持つ人も多いと思うが、仰るとおり「自分が役牌を重ねることの嬉しさ」は大きい。しかし「相手に重ねられてしまう痛さ」も同じくらい大きいのだ。

そしてたとえ相手に重なっていたとしても、先に切ることは大事。

例えば自分がこんな手だったとしよう。をポンして何を切るか。というくっつきの種は切りづらいし、かといってのペンチャンを払うにしろ安全牌のを切るにしろ、ロスが発生する。

つまり相手の手牌が整っていないうちに役牌を切り出すことは、たとえ鳴かれたとしても損な進行を強制することができると言えるのだ。

のくっつく枚数がの11枚もある、というメリットよりは、メンゼン勝負の土俵に上げといて、優位な配牌を活かすことの意味の方が大きいと思う。

…と切り飛ばしていき、狙い通りのリーチにたどり着いたたろうは…

ツモ。裏ドラも乗って4000・8000のスタートを決める。

気分よく迎えた次局。

たろうは2巡目にツモってきたドラのを…

ポーンと切ってしまう。

「麻雀で大事なのは遠慮しないこと。言われた通り打っても、自分の中で消化されません。たとえ痛い目にあっても、それが自分の経験となり次に繋がります」

これは、たろうがとある勉強会の講師として投げかけた言葉である。

「19→役牌の順番で切りましょう」

「ドラはある程度整ってから切りましょう」

麻雀戦術本などに書いてあることや常識とされていることを鵜呑みにしていては、いつまでたっても自分で考える力がつかない。

怒られるのでは…。場を乱すのでは…。そういう遠慮はしないで、自分が面白そうと思ったことはとりあえずやってみるのがたろう流。失敗も多く経験してきたと思うが、その積み重ねは人が思いつかないような奇抜な選択肢や発想を生み出している。

オタ風のドラが鳴かれる可能性はかなり低い。鳴かれたら対応すればいい。

点棒的優位と戦えそうな手牌が目の前にある今、一番危険度の低い最序盤でリリースしておいて、またしてもメンゼンの土俵で戦いましょう…という戦略だ。

この局は流局。

たろうはこのように、他人に対しては「メンゼンで戦いましょう」と持ち掛けるくせに

自分はその誘いに乗らないからズルい(笑)

これくらいバラバラでもたろうは発進。

そして

なんとこのもチー。言葉通り一切「遠慮」を感じない。

私はこのは鳴けない。頭がなくなり不安定になるので速度がアガっているかも微妙に感じるからだ。

しかし2フーロしたことによって場は重くなった。亜樹・松本が脱落(オリ)し、あれよあれよといううちに

マンガンのツモアガリ。

これはたろうしかできないオリジナルなアガリなのではないだろうか。

この華やかなアガリの裏で多くの失敗をしてきたのだろう、しかし「遠慮」せず試してみないと、こういう成功体験を得ることもできない。多くの成功と失敗を積み重ね、そうしてはじめて選択のバランスを感じることができるのだ。

微妙に見える仕掛けも、相手が対応してくれるメリットは実際に仕掛けてみないと体感できないし、気に病むほど手詰まるわけではないことも、多く実戦したからこそわかっているのだ。

このマンガンが決まり手となり

破顔一笑のインタビュー。1回戦を見事大きなトップで終えた。

このインタビューでもやはり

「Mリーグのメンツは対応してくれるので、がむしゃらに前に出た」

とたろうは言っていた。

(たろう+81.0 松本+11.9 二階堂-29.2 瀬戸熊-63.7)

 

2回戦、勢いに乗るドリブンズは「21時の男」園田賢が登場だ。

いつも2回戦からしか登場しないのは、終業してからの仕事モードから麻雀モードに切り替えるまでに数時間かかるらしい。

園田はキンマwebでも取り上げられることが多く、この顔に飽きてきた読者もいると思うが(笑)何度も取り上げられるくらい読みが鋭く、実力があるという証拠だろう。

東一局一本場のことだった。

この配牌からオタ風のを残してを切り出していく。

繰り返し言うが、ここまで徹底して役牌から切り出していくのはドリブンズの3人だけだ。

残したを重ねて迎えた6巡目のこと。

ここから何を切るか。ドラがだから、か…というところだろう。

園田は場を一瞥し

なんとを打った!

この直前、滝沢が仕掛けている(でチー)ので、そこにドラのが固まっているという読みがあったのだろうか?あまりにも気になったので聞いてみた。

園田「いえ、その理由も少しはありましたが、2人がを切っていてが良さそうだったんですよね」

なるほど、見返してみるとたしかにピンズは良さそうで、実際は4枚とも山にいた。とはいえ裏目が怖くてなかなかドラ受けのカンチャンを嫌うことができないのが普通ではないだろうか。

良いと思ったら遠慮せず試してみる。ここでもドリブンズイズムは受け継がれていた。

圧巻だったのが南2局だ。

くっつきの選択で、を切る場面。受けかぶりのあるに手が伸びがちだが、園田はを切った。

園田「序盤でこの手をもらって、リーチドラ1の愚形に興味はありませんでした。そう考えるとを切ったときのロスはだけ。しかしを残すとツモでのイッツーがあったり、他にもをツモったときなんかは…」

オッサン大好き並びシャンポンリーチですね!って言おうとしたが

園田「ソウズを1メンツ落とししてチンイツを狙います」

(言わなくてよかった…。)

たしかに

1段目ならここからソウズを切っていっても十分間に合いそうだし、リターンもハネマンと大きい。

こうして園田は

トップ争いに名乗りをあげる18000を瀬戸熊からアガった。

次局、

園田はここからメンツ手を見切るかのように切り。親番でチートイツに決めるとテンパイすることすらできないこともあり、勇気がいると思うのだが…

園田「そこは山読みを駆使して最大限テンパイ率を高めます。というか、安い手はいらないんですよね」

狙い通り

9600を瀬戸熊からアガリ。

2回連続放銃となった瀬戸熊は

目がうつろだ…。

さらに次局。

園田はをポンしている。

ここからまさかの切り。くっつきのイーシャンテンであり、を切るとまでがロスになってしまう。

ホンイツをボカす効果を狙ったのか。

園田「その狙いも少しありますが、単純に高打点を狙いました。基本的に欲張りなんですよ(笑)」

を打ったことにより、すぐにもポンでき、

を切ってタンキ待ちにとった。

捨て牌はこう。

ホンイツ本線だが、トイトイにも見える。周りは生牌(1枚も切れていない牌)が切りづらくなり、非常にやりにくくなった。ここまでくると全て園田のマジックに思えてくる。

3回連続となる瀬戸熊からのアガリ。

その後は白鳥の猛攻を受け、2着になってしまったが、ドリブンズは2半荘で+113ptをたたき出した。

 

「応援してくれとは言わない。応援したくなる麻雀を目指す」

 

とは、どこかに書いてあった、ドリブンズの信念。

応援したくなる麻雀とは、結局最後に「勝つ麻雀」だと3人は考える。

「勝つ麻雀」とは、勝ちたいと祈ることではない。

相手やルールに合わせて試行錯誤し、「勝ち」に一番近い最適解を探し続けることだ。

「役牌切り」も「打点狙い」も「勝つ」ための手段であり、目標ではない。

「勝つことが最大級のファンサービス」

そう考えるドリブンズの3人衆は、この年の瀬にて、中位グループを抜け出し、頂点へ再び手をかけたのであった。

ZERO(ゼロ)

麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中。

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

大好評発売中!!!!

 

(C)AbemaTV