勝又健志、4勝目!! 個人4位タイに浮上!!

勝又健志、4勝目!!
個人4位タイに浮上!!

1月7日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
チームは2位をキープ、3位以下に300ポイント近くの差をつけることに成功。
勝又個人は4位タイに浮上した。

対局者は、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、
TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)、
セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして勝又。

並びは、佐々木・近藤・勝又・萩原。
東3局2本場、勝又の親番。勝又は先制リーチをかけてツモアガリ。
2000オールを加点して、萩原を交わしてトップ目に立つ。

南3局、ふたたび勝又の親番。
チートイツの単騎待ちでリーチ。
首尾よくツモって3200オール。

オーラスも、勝又が自らツモりアガってトップを確定させた。

勝又は勝利者インタビューで「もう少し上手くできたかなという部分もあるんですけど、大切なポイントとなる要所要所は抑えることができたかなと思ってます。親のときに手が入ってくれて、逃さないように必死でした。」と語った。

【Result】
1着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)5万7000点/+77.0
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)3万4000点/+14.0
3着 TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)5300点/▲34.7
4着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)3700点/▲56.3

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +316.8(56/80)
2位 EX風林火山 +267.3(56/80)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲26.1(58/80)
4位 渋谷ABEMAS ▲83.5(56/80)
5位 TEAM雷電 ▲90.6(58/80)
6位 U-NEXT Pirates ▲123.3(54/80)
7位 セガサミーフェニックス ▲260.6(54/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」