とにかく明るい白鳥翔、背水の陣を制す!!

とにかく明るい白鳥翔、
背水の陣を制す!!

3月24日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その6日目1回戦は、渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
渋谷ABEMASは、ファイナルシリーズ8戦ぶりのトップとなり、背水の陣を凌いだ。

対局者は、
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、
そして白鳥。

並びは、勝又・高宮・園田・白鳥。

開局、白鳥がリーチ・タンヤオピンフサンショクのマンガンを、勝又から出アガる。

すると東2局1本場、勝又がオタ風のドラのを鳴いて、ホンイツ仕掛け。
首尾よくツモって、失点を取り返す。

白鳥は、東4局と1本場に高宮から5800点とリーチ棒をゲットし、4万点台に乗せる。

南1局には、白鳥は勝又から5200点をアガって、点棒を上乗せする。

以降は、園田が鋭い仕掛けで2着を死守し、白鳥が嬉しいトップとなった。

白鳥は勝利者インタビューで、
「チームがトップをとるしかない、という状況だったのでトップをとれて素直に嬉しいです。僕は明るさだけが取り柄なので、明るく頑張りました!」
と語った。

【Result】
1着 渋谷ABEMAS・ 白鳥翔(日本プロ麻雀連盟) 4万8900点/+68.9
2着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)2万5400点/+5.4
3着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟) 1万3800点/▲26.2
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟) 1万1900点/▲48.1

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +449.4(16/24)
2位 EX風林火山 +238.9(16/24)
3位 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 ▲218.1(16/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲221.7(16/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ6日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする